記事

「将来のライバルはウーバー」ロイホの冷凍食品が狙う"異日常"という市場

1/2

「ロイヤルホスト」の冷凍食品が急成長している。今年4~6月の販売実績は当初計画の約6倍。コロナ禍でレストラン事業に急ブレーキがかかるなか、冷凍食品が次の事業の柱となる可能性がある。経済ジャーナリストの高井尚之氏が報告する——。

巣ごもり需要を受け急成長中

先日届いたニュースリリースには「世界各国の料理を楽しめるフローズンミール」と書かれていた。

傘下にファミリーレストラン「ロイヤルホスト」を展開するロイヤルホールディングス(HD)は、冷凍食品ブランド「ロイヤルデリ」をリニューアルした。2019年12月から始め、商品ラインアップは全25品だったが、今回は「世界各国の料理」を掲げて全45品に拡大。10月30日からは「冬ギフト&クリスマスケーキ」の受け付けも始めた。

目下の販売は好調だ。2020年7~9月の販売実績は当初計画の4倍超。日本中が外出自粛となった4~6月期は同5.8倍だった。

なおロイヤルデリは家庭で食べる冷凍食品だが、これを店頭で提供するレストラン「ギャザリング テーブル パントリー(GATHERING TABLE PANTRY)」も東京・二子玉川で展開している。開店時は、現金不可、キャッシュレス専用という先進的な店づくりでも話題を集めた。

筆者は今年1月、まだ新型コロナウイルスが日本を直撃する前に同店を訪れ、味を楽しんだ経験もある。

コロナ禍でレストラン事業が厳しい局面のなか、同ブランドの責任者を取材し、その取り組みを聞いた。

旅行ができない代わりに世界の料理を楽しんでほしい

ロイヤルデリの概要について、事業責任者である庵原(いはら)リサ氏はこう説明する。

「現在、ロイヤルホストは国内で約220店を展開しますが、ロイヤルデリは約200店に導入し、店内でも販売しています。オンラインでの販売も同時並行しており、ロイヤルデリ事業全体に占める割合は『EC6割:店舗4割』。最近は店舗販売も伸びています」

ロイヤルHD イノベーション創造部・ロイヤルデリ事業担当部長の庵原リサ氏。酒類事業や飲食事業の経験ももつ
ロイヤルHD イノベーション創造部・ロイヤルデリ事業担当部長の庵原リサ氏。酒類事業や飲食事業の経験ももつ - 撮影=プレジデントオンライン編集部

なぜ、今回「世界の味」を掲げたのか。

「コロナ禍での生活が続き、お客様がロイヤルデリに期待される役割も変わっています。海外旅行ができない現在、ご自宅でも旅行気分を味わっていただけないか、と考えました。

企業としてのDNA(遺伝子)もあります。当社は1951年の創業で、事業は日本航空国内線の営業開始と同時に、福岡空港において機内食搭載と空港内の喫茶営業から始まりました。その後、事業拡大に伴い、国内外の航空会社が運営する飛行機の機内食も担当。レストラン事業も行い“世界の味”を紹介するのは当社の得意分野なのです」

コロナ禍で大打撃を受けたが、同社の「機内食事業」は主力事業のひとつだ。世界の航空会社約30社向けに供給し、長年ファーストクラスからエコノミークラスまでの乗客・乗員が機内で味わってきた。レストラン事業と機内食で培った調理技術の蓄積もある。

ただし、「レストランの味を家庭で再現」はそう簡単ではなかった。

レストランの味をどうやって再現したか

「ロイヤルホストでは、自社グループが運営するセントラルキッチン(工場)でつくられた食材を、各店のシェフがひと手間かけて仕上げます。例えば『シーフードドリア』の場合、セントラルキッチンでシーフードドリアソースを作ります。それを各店舗に運び、店内でバターライスを炊く、ソースを加える、シーフード具をのせる、粉チーズをふる、オーブンで焼くなどの調理作業を行い、店のお客様に提供します。

一方、ロイヤルデリのシーフードドリアは解凍した商品を外袋から取り出し、お皿に乗せてラップをかけ、電子レンジで温めるだけ。出来上がりから逆算して商品設計を細かく行う必要がありました。料理の味の総責任者である西田光洋(商品企画部・総括料理長)を中心に試行錯誤しながら仕上げていったのです」(庵原氏)

「ラザニエッテ」(右)と「海老とチキンのマカロニグラタン」
「ラザニエッテ」(右)と「海老とチキンのマカロニグラタン」 - 撮影=プレジデントオンライン編集部

ここで紹介した「シーフードドリア」は602円(+税。以下同じ)。人気の「ビーフシチュー」は723円、「バターチキンカレー」が538円、新たに加わった「魯肉飯」(ルーローハン)が650円となっている。商品の価格は1品で1000円を超えるものはない。商品ごとに電子レンジや湯煎して食べられるよう商品設計がされている。

ロイヤルデリのオンラインストアでは、これらの商品を「美食の国 イタリアのショートパスタ」「ヨーロッパの料理」「クラシック洋食」「旅気分で巡るアジア料理」「オリジナルカレー」「アメリカの料理」「パスタソース」「パン&スイーツ」「セットメニュー」とグループ分けして訴求した。「シェフのアレンジレシピ」もあるのは同社らしさだ。

ロイヤルデリの商品例(公式サイトより)
ロイヤルデリの商品例(公式サイトより)

主力事業が軒並み大打撃を受ける

そんな甘い気分が吹っ飛ぶ現状も、紹介しなければならないだろう。

近年のロイヤルHDは、安定経営を続けてきた。2015年12月期の売上高は1303億円で、直近5年間は着実な右肩上がりを続け、2019年12月期の売上高(連結)は1405億円に拡大した。営業利益率の低下や経常利益の伸び悩みは懸念材料だったが、2019年は約46億円の経常利益を計上している。

それが、新型コロナウイルスで一変した。外出、出張や旅行の自粛、通勤の見直しなどで、屋台骨を支える主力の「外食事業」「コントラクト事業」(施設内のフードサービス事業)「機内食事業」「ホテル事業」「食品事業」の5大柱がすべて影響を受けたのだ。

外食事業のロイヤルホストは、2020年は2月まで売上高が「103%」(既存店前年比)を超えていたが、3月から一気に落ち込み、日本中が外出自粛となった4月は「42.1%」にまで落ち込んだ。現在は最悪期から脱したが、7~9月までは同80%台が続く。

今年10月27日に同社が「正社員200人規模の希望退職を募集」と発表したのも、この流れにある。OBを含めて従業員を大切にする会社が、雇用に手をつけたという事実。まだまだ「創業以来、最大の危機」(同社社員)が続くのだ。

実は「ロイヤルデリ」と、それを提供する店「ギャザリング テーブル パントリー」は、調理業務や接客業務の軽減を図る“働き方改革”の意味合いから手がけられた事業だった。それがコロナ禍で一変した。

「次世代の主力」として地道に育成する予定だったが、コロナ禍の在宅勤務や非接触の視点で脚光を浴び、ロイヤルHDの期待の星としてクローズアップされるようになった。だからこそ、同社は育成を急ぐのだ。

あわせて読みたい

「ロイヤルホスト」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  2. 2

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  3. 3

    朝日新聞170億円赤字 社長退任へ

    BLOGOS編集部

  4. 4

    眞子さま結婚に浮かぶ若者の苦悩

    木村正人

  5. 5

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    西村大臣「リスク低くても制約」

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    よしのり氏が秋篠宮さまを擁護

    小林よしのり

  8. 8

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  9. 9

    揺れる電通 社訓・鬼十則刷新か

    文春オンライン

  10. 10

    コロナ自殺を増さぬよう経済回せ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。