記事
  • ロイター

米クルーズ業界、運航休止期間を12月31日まで延長


[ワシントン 3日 ロイター] - 世界の外航クルーズの95%を占める業界団体「クルーズライン国際協会(CLIA)」は3日、米国のクルーズ船運航休止期間を12月31日まで延長すると発表した。

加盟社は年内を新型コロナウイルス安全対策の実行準備期間に充てる。

米疾病対策センター(CDC)によると、9月28日までに「クルーズ船でCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)もしくはCOVID-19のような病気の症例をトータルで3689例確認し、死者41人」となった。

クルーズ産業の経済規模は年間で530億ドル以上となっており、ほぼあらゆるセクターにわたって42万1000の米国人の雇用を支えている。CLIAの推計によると、クルーズ船運航休止で250億ドルの経済活動と16万4000の米国人の雇用が失われた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    共産党の式欠席に「ありえない」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    渋野騒動 日テレのスポーツ軽視

    WEDGE Infinity

  3. 3

    立ち食いやきそば コロナで閉店

    田野幸伸

  4. 4

    簡単に休業要請 橋下氏「最悪」

    橋下徹

  5. 5

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

  6. 6

    医療崩壊危惧のワケ 医師が解説

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    韓国はなぜ延々謝罪を要求するか

    紙屋高雪

  8. 8

    株バブル過熱で短期調整の可能性

    藤沢数希

  9. 9

    秋篠宮さまにみる結婚反対の本音

    女性自身

  10. 10

    無策の菅政権「日本危なくなる」

    畠山和也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。