記事
  • ロイター

米大統領選、フロリダはトランプ氏優位 オハイオはバイデン氏先行


[ウィルミントン(米デラウェア州)/ワシントン 3日 ロイター] - 共和党候補の現職ドナルド・トランプ米大統領(74)と民主党候補のジョー・バイデン前副大統領(77)が争う米大統領選の開票が始まり、激戦州の中で最も注目されているフロリダ州は、トランプ氏がわずかにリードしている。一方、オハイオ州はバイデン氏が優位。ジョージアやノースカロライナなど、他の重要州はまだ情勢が明らかになっていない。

エジソン・リサーチによると、日本時間午前10時07分時点でバイデン氏が44人、トランプ氏が26人の選挙人を獲得。勝利するには270人の獲得が必要となる。

現職のトランプ氏が勝利するのに必須とされるフロリダ州は、推定82%まで開票が進んだ暫定集計でトランプ氏が50.5%、バイデン氏が48.5%を獲得している。一方、オハイオ州はバイデン氏が54.5%、トランプ氏が44.3%。テキサス州はバイデン氏49.8%、トランプ氏48.7%となっている。

エジソン・リサーチは、保守的なインディアナ州でトランプ氏が勝利すると予想。APによると、トランプ氏はケンタッキー州でも勝利する見通し。一方、FOXニュースは、バイデン氏がバーモント州とバージニア州で勝利し、トランプ氏がウエストバージニア州で勝つと報じている。

さらに、APによると、サウスカロライナ州、ミシシッピ州、アラバマ州はトランプ氏が勝利の見込み。エジソン・リサーチによると、メリーランド州、マサチューセッツ州、デラウエア州はバイデン氏が勝利するとみられる。

このほか、APなどによると、コネティカット州はバイデン氏が勝利の見込み。FOXニュースによると、ロードアイランド州、イリノイ州、メーン州はバイデン氏が勝利の見込みだが、ミズーリ州はトランプ氏が勝利の見込み。

開票結果は米国東部標準時3日午後7時(日本時間4日午前9時)以降に判明し始めたものの、多くの州では集計が数日にわたって続く可能性がある。

*内容を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  3. 3

    よしのり氏「皇女」案に危機感

    小林よしのり

  4. 4

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  5. 5

    意見広告は嘘でも許容されるのか

    島田範正

  6. 6

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  7. 7

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  8. 8

    よしのり氏 コロナの正体見たり

    小林よしのり

  9. 9

    トランプ氏が大統領選でついた嘘

    文春オンライン

  10. 10

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。