記事

テレビのニュース番組は局同士での“他流試合”をすべきだ 橋下氏がメディア間の「切磋琢磨」を訴え



 元テレビ東京のアナウンサーで、現在はフリーアナウンサーとして活躍する大橋未歩が10月31日のABEMA『NewsBAR橋下』に出演。ニュース番組のあり方について議論を交わした。

 大橋氏は「橋下さんが出ていらっしゃる番組を拝見したときに、“良い政治がある国には良いジャーナリズムがある”とおっしゃっていて、すごく同意できると思った。私も日本の民放は質の高いジャーナリズムを実現できる構造になっているのか?と思う。ニュース番組を担当していたとき、“女性が仕事をしている様子を伝えるコーナーを作りたい”と言ったら、ある人に“女性活躍は視聴率が落ちるんだよね”と言われてしまった。やはりスポンサーさんに買っていただいている以上、ニュース番組も視聴率が低くなれば終わってしまうし、そもそもそのスポンサーさんに対して公平な報道ができるのかという疑問も残る」と指摘する。



 「数字を取ろうとすると、過激なことを言う人を好む傾向が出てきたり、逆に見捨てられる小さな声が出てきたりすると思う。小川彩佳アナウンサーがTBS『NEWS23』に行った時、視聴率が毎回ニュースになっていた。しかし、それは必要ないと思う。だからいっそのこと、ニュース番組は視聴率を廃止すればいいのにとも思う。必ずしも視聴率が高いニュース番組がいいニュース番組ではないと思う。会社である以上は利益を追求しないといけないというのは分かるが、一方で報道機関なので、放送免許の中でどう実現していけばいいのかなと…」。



 すると橋下氏は「報道はテレビだけではないから、それ以外がしっかりやればいいというところもあるが、やはり政治と国民をつなぐのがメディアだ。メディアはすごく重要な役割がある。政治家をしていた経験で言えば、国民全員に思いを伝えるなんて絶対に無理だ。大阪市内だけで有権者が220万人もいるわけで、演説会に1000人を集めるのだってものすごく大変。だからメディアは有権者の声を政治に届け、政治は有権者にメッセージを届ける。政治が有権者の気持ちに沿ってなければ、メディアが批判する。重要なのは、メディア間の切磋琢磨だ」とした上で、次のように訴えた。

 「テレビで言えば、視聴率はある意味、市場からの審査だから、全て廃止するのは無理だけれども、例えば一ヶ月のうち何日間は視聴率抜きで独自の企画をやったり、他流試合みたいなことをしたりする日が必要ではないか。

例えば僕が出ているフジテレビ『日曜報道 THE PRIME』と同じ時間帯には、関口さんのTBS『サンデーモーニング』が放送されている。言っていることが真逆なんだけど、視聴者が両方を見るということはあまりないと思う。そこで僕を『サンデーモーニング』に出してよと。逆に『日曜報道 THE PRIME』に『サンデーモーニングの』の方からどなたかに来てもらうとかね。あるいは僕が出ているTBS『グッとラック!』と同じ時間帯の『羽鳥慎一モーニングショー』でも、意見の違いをぶつけ合う。

ニュースコメンテーターとして自分の質が高いとは思っていないし、間違えていることがあるだろうから、そこは玉川徹さんとか、青木理さんみたいな錚々たるメンバーが100人くらいいるところで、“それは違うぞ”と直接ガツンと言ってもらわないと切磋琢磨にならない。

それが今の日本の報道、ジャーナリズムにはない。いわば守られたホームグラウンドで好き勝手なことを言っているのが電波に乗って視聴者に行っている。これでは政治も良くならないと思う。テレビは公共の電波を使っているという性格もあるわけで、何日間かはコメンテーターのシャッフルみたいなことをやったらどうか」。



 2人の話を聞いていたMCのサバンナ高橋茂雄が「どこかがリングを貸すべきだと思う。橋下対玉川さんをモーニングショー、グッとラック!でやるべきではない。それがここ(『NewsBar橋下』)じゃないか(笑)」と話すと、橋下氏も「ここは藤田晋社長に私財を投じてもらって、視聴率関係なくね」と応じていた。(ABEMA/『NewsBAR橋下』より)

▶映像:大橋未歩と語る理想のニュース番組のあり方/ミスコン&ミスターコン廃止

あわせて読みたい

「橋下徹」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  3. 3

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  4. 4

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  5. 5

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  6. 6

    相次ぐ遅刻 憲法を軽んじる自民

    大串博志

  7. 7

    医師「感染対策は経験を生かせ」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    昭恵氏 学園理事と親密ショット

    NEWSポストセブン

  9. 9

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  10. 10

    トヨタが学校推薦を廃止した衝撃

    城繁幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。