記事

タレントには向きそうもない松井さんの次の活躍の場は、やはり衆議院でしょうね

潔いというか、物事の見切りの付け方がいいんだろうな、と思うのが、維新の松井さんである。

橋下氏が大阪府知事を辞めて大阪市長選に立候補した時も驚いたが、松井さんが大阪府知事を辞めて大阪市長選に立候補し、当時大阪市長であった吉村さんが大阪府知事選に立候補すると表明した時も驚いた。

大阪では、こういう、崖から飛び降りることが定番になっているようである。
皆さん、実に潔い。
自分自身の保身は一切考えないで、大義に殉じようとする一種の士魂みたいなものを感じる。

一般の庶民と言われる方々には、これが受けるのだろう。

橋下徹氏は、住民投票に敗れたら政治家からタレントに変身した。
もともとタレントだったので、橋下氏は見事にタレント兼政治評論家に転進することが出来た。

松井さんにもタレントの素質はあるのだろうが、やはり政治の世界で活躍された方が生きやすいのではないだろうか。

松井さんが大阪維新の代表を今月中に辞任するというのは、やはり本当のようである。
大阪市長の職も任期満了で終えるというのも、間違いなさそうである。

大阪市長を終えた後、松井さんはどうされるのか。
タレントへの転進は、マア、止めた方がいいだろう。

橋下氏のようには器用な世渡りは出来そうにない。

ここは、愚直に国政の場で維新の代表として活躍されることだ。
適当な後継者がおられるのであれば、大阪市長を辞任されて、次の衆議院選挙に立候補されることである。

少なくとも維新がパワーアップすることは間違いない。

あわせて読みたい

「松井一郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  3. 3

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  6. 6

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  7. 7

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  8. 8

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  9. 9

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  10. 10

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。