記事
  • ロイター

伊フェラーリ、第3四半期利益が予想上回る 通年見通し引き上げ


[ミラノ 3日 ロイター] - イタリアの高級スポーツカーメーカー、フェラーリ<RACE.MI>が3日に発表した第3・四半期決算は、利益が予想を上回った。また「SF90ストラダーレ」などの主力モデルの出荷開始に伴い通年利益予想を上方修正した。

第3・四半期の利払い・税・償却前利益(EBITDA)は、6.4%増の3億3000万ユーロで、ロイターがまとめたアナリスト予想の2億9900万ユーロを上回った。

通年のEBITDAは、新型コロナウイルスが販売にさらに影響しないと想定すると、約11億2500万ユーロになるとの見通しを示した。従来予想は10億7500万─11億2500万ユーロだった。

ルイス・カミッレーリ最高経営責任者(CEO)は、最新見通しは、第4・四半期が非常に底堅くなることを示していると述べ、過去最高の販売台数、売上高、EBITDAを見込んでいると説明した。

同CEOは「エンジンをフル回転している証だ」と述べ、「受注が非常に堅調な状態で2021年に入る。21年は好調な年になる」と語った。

第3・四半期の出荷台数は、一部モデルが生産終了を迎えていることから前年比6.5%減少した。ただ、モンツァなどの収益率の高い12シリンダーのモデルの出荷は15.4%増加した。

モルガン・スタンレーは、同社の第3・四半期業績が予想を上回り、通年見通しも上方修正されたことで、好調を維持して2021年を迎えるだろうとの見方を示した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  2. 2

    眞子さま結婚に浮かぶ若者の苦悩

    木村正人

  3. 3

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  4. 4

    セルフレジが「改悪」になるお店

    内藤忍

  5. 5

    感染増の地域 知事がTV映え優先

    山内康一

  6. 6

    バラマキ予算作成が最優先の怪

    鈴木しんじ

  7. 7

    歴史に残る読売の安倍氏スクープ

    文春オンライン

  8. 8

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  9. 9

    上野千鶴子氏がフェミになった訳

    PRESIDENT Online

  10. 10

    小林麻耶の降板番組 3月末で終了

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。