記事
  • ロイター

伊フェラーリ、第3四半期利益が予想上回る 通年見通し引き上げ


[ミラノ 3日 ロイター] - イタリアの高級スポーツカーメーカー、フェラーリ<RACE.MI>が3日に発表した第3・四半期決算は、利益が予想を上回った。また「SF90ストラダーレ」などの主力モデルの出荷開始に伴い通年利益予想を上方修正した。

第3・四半期の利払い・税・償却前利益(EBITDA)は、6.4%増の3億3000万ユーロで、ロイターがまとめたアナリスト予想の2億9900万ユーロを上回った。

通年のEBITDAは、新型コロナウイルスが販売にさらに影響しないと想定すると、約11億2500万ユーロになるとの見通しを示した。従来予想は10億7500万─11億2500万ユーロだった。

ルイス・カミッレーリ最高経営責任者(CEO)は、最新見通しは、第4・四半期が非常に底堅くなることを示していると述べ、過去最高の販売台数、売上高、EBITDAを見込んでいると説明した。

同CEOは「エンジンをフル回転している証だ」と述べ、「受注が非常に堅調な状態で2021年に入る。21年は好調な年になる」と語った。

第3・四半期の出荷台数は、一部モデルが生産終了を迎えていることから前年比6.5%減少した。ただ、モンツァなどの収益率の高い12シリンダーのモデルの出荷は15.4%増加した。

モルガン・スタンレーは、同社の第3・四半期業績が予想を上回り、通年見通しも上方修正されたことで、好調を維持して2021年を迎えるだろうとの見方を示した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

トピックス

ランキング

  1. 1

    石破氏 コロナ報道に強い違和感

    石破茂

  2. 2

    雇用保険を否定? 厚労省の暴言

    田中龍作

  3. 3

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  4. 4

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  5. 5

    京都市財政難 寺社の協力不可欠

    川北英隆

  6. 6

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  7. 7

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  8. 8

    伊藤忠変えた利益追求のカリスマ

    ヒロ

  9. 9

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    石田純一のYouTubeに低評価殺到

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。