記事
  • ロイター

米国務省、台湾へのドローン売却を議会に通知=国防総省


[ワシントン 3日 ロイター] - 米国防総省は3日、国務省が台湾への米国産高性能ドローン(無人機)4機の売却を議会に正式通知したと発表した。

トランプ政権は過去数週間に4種類の軍事装備品の台湾への売却を既に承認しており、売却額は約50億ドルに上る。同政権による中国への圧力強化や中国政府の対台湾政策を巡る懸念が背景にある。[ID:nL4N2HI19D][ID:nL4N2HC59B]

米議会は、正式通知後30日以内に売却に反対することが可能。ただ、台湾の防衛には超党派の幅広い支持があるため、反対は出ないとみられる。

売却対象となるのは、米ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ製のドローン「MQ─9」4機。武器の搭載が可能だが、監視機器が装備される見通し。

台湾外交部(外務省)は「安全が確保された」として米政府に謝意を示し、武器売却は台湾の防衛能力をさらに高めるとの考えを示した。

*台湾外交部のコメントを追加しました

トピックス

ランキング

  1. 1

    共産党の式欠席に「ありえない」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    渋野騒動 日テレのスポーツ軽視

    WEDGE Infinity

  3. 3

    立ち食いやきそば コロナで閉店

    田野幸伸

  4. 4

    簡単に休業要請 橋下氏「最悪」

    橋下徹

  5. 5

    医療崩壊危惧のワケ 医師が解説

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

  7. 7

    韓国はなぜ延々謝罪を要求するか

    紙屋高雪

  8. 8

    株バブル過熱で短期調整の可能性

    藤沢数希

  9. 9

    秋篠宮さまにみる結婚反対の本音

    女性自身

  10. 10

    無策の菅政権「日本危なくなる」

    畠山和也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。