記事
  • ロイター

米で自宅待機促す不審電話、投票妨害の可能性も FBIが捜査


[ワシントン 3日 ロイター] - 米国で大統領選投票日の3日に自宅にとどまるよう促す不審なスパム電話が多数確認され、米連邦捜査局(FBI)が捜査している。国土安全保障省は、選挙妨害にならないよう厳重に警戒していると述べた。

この電話は自動でかける「ロボコール」と呼ばれるもので、少なくとも2種類が確認された。専門家によると、うち一つは自宅にとどまるよう促す内容だったが、投票については触れていないという。

調査会社ロボキラーのジュリア・ポーター副社長によると、こうした電話は過去約11カ月で何百万件も確認されたが、3日にはスパム電話の上位5位まで急増したという。

*カテゴリーを追加して再送します。

トピックス

ランキング

  1. 1

    猫の目が…奇跡の失敗写真が話題

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    収監された周庭さん 12人部屋に

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    安倍氏に弁護士「虚構だった?」

    郷原信郎

  4. 4

    GoTo見直しで焦る日本の敗戦模様

    文春オンライン

  5. 5

    注文待つ「Uber地蔵」街中で急増

    NEWSポストセブン

  6. 6

    コロナで始まった凄いデリバリー

    東龍

  7. 7

    菅氏はカジノより介護を優先せよ

    毒蝮三太夫

  8. 8

    桜疑惑 安倍氏かばう議員に疑問

    猪野 亨

  9. 9

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  10. 10

    みのもんた パーキンソン病告白

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。