記事
  • ロイター

OPECとロシア、減産拡大を検討 来年の早い時期に=関係筋


[ロンドン 3日 ロイター] - 石油輸出国機構(OPEC)とロシアが石油市場の強化に向け、来年の早い時期での減産拡大を検討していることが、OPEC・ロシア双方の関係者の話で分かった。OPEC加盟国とロシアなど非加盟国で構成される「OPECプラス」は11月30日─12月1日に会合を開く。

OPECプラスは日量770万バレルの減産幅を来年1月に200万バレル縮小する予定。ただ、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に伴う制限措置がエネルギー需要に影響を与えているため、再考を迫られている。

ロシアの関係者は匿名で「第1・四半期には減産幅を拡大しなければならないようだ」と指摘。OPEC関係者は、現在の減産の延長以外の選択肢が模索されているとした上で、減産拡大はOPECプラス以外の産油国の市場シェア拡大につながるため「難しい選択」になると語った。

これに先立ち、OPEC加盟国のアルジェリアは、OPECプラスが来年1月から予定する減産縮小について、先送りを支持する意向を示した。

国営通信社APSによると、アルジェリアのアタール・エネルギー相は、現在の減産を2021年上期まで延長することを次回OPECプラス会合で検討することが可能だと述べた。

また、新型コロナウイルスの感染第2波は、石油市場が「非常に危険な」状況に直面していることを意味すると話した。

ロシアの石油会社幹部らとノバク・エネルギー相は前日、減産を来年第1・四半期まで延長する可能性について協議した。2人の業界関係者が明らかにした。

*内容を追加しました

トピックス

ランキング

  1. 1

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    朝日新聞170億円赤字 社長退任へ

    BLOGOS編集部

  3. 3

    共産党の式欠席に「ありえない」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

  5. 5

    やきそば名物店 コロナで閉店へ

    田野幸伸

  6. 6

    追えないだけ?電車内の集団感染

    諌山裕

  7. 7

    渋野騒動 日テレのスポーツ軽視

    WEDGE Infinity

  8. 8

    よしのり氏が秋篠宮さまを擁護

    小林よしのり

  9. 9

    勝ち組のJAL 明暗分けた財政戦略

    PRESIDENT Online

  10. 10

    コロナ自殺を増さぬよう経済回せ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。