記事
  • ロイター

ECB追加策、市場の著しい変化反映を=シュナーベル専務理事


[フランクフルト 3日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のシュナーベル専務理事は3日、欧州経済は第4・四半期に「著しい」衰退に直面しているとし、ECBの追加刺激策は、4月以降の市場の著しい変化を反映したものである必要があるとの考えを示した。

ECBは10月29日の理事会で主要な政策変更を見送り、12月に追加対策を講じる可能性を示唆。シュナーベル専務理事は独経済紙ハンデルスブラットに対し、「現況は3月時点の状態とは異なる。このことは(ECBの)政策措置の調整に反映されると予想される」と述べた。

このほか、一部銀行の融資厳格化を巡る懸念が出ていると指摘。景気後退が銀行部門の対応で一段と悪化することがあってはならないと述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナは若者に蔓延? 医師が仮説

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    秋篠宮夫妻 公用車傷だらけの訳

    NEWSポストセブン

  3. 3

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  4. 4

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

  5. 5

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  6. 6

    斎藤佑樹からの連絡「戦力外?」

    NEWSポストセブン

  7. 7

    宗男氏 桜疑惑めぐる報道に苦言

    鈴木宗男

  8. 8

    張本氏 坂本勇人は図に乗ってる

    文春オンライン

  9. 9

    医師 GoTo自粛要請は過剰な対応

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    コロナ起源は輸入冷食 中国主張

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。