記事
  • ロイター

9月米製造業新規受注1.1%増、予想上回る 先行き不透明感も

[ワシントン 3日 ロイター] - 米商務省が3日発表した9月の製造業新規受注は前月比1.1%増と、前月の0.6%増から伸びが加速し、市場予想の1%増も上回った。しかし、コロナ禍を受けた政府の支援策が先細り、消費支出が減速する中、今後の見通しには不透明感が漂う。

内訳では一次金属、コンピューター・電子機器、自動車などが増加。一方、機械や家具、電気・家電は減少した。

製造業受注残は0.2%減、在庫は2カ月連続で横ばいだった。一方、出荷は0.3%増加した。

民間設備投資の先行指標とされる資本財から国防関連と航空機を除くコア資本財受注は1%増だった。

国内総生産(GDP)統計で企業設備投資の算出に使われるコア資本財の出荷は0.5%増で、速報段階の0.3%増から加速した。

製造業は米経済活動の11.3%を占める。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  3. 3

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  6. 6

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  7. 7

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  8. 8

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  9. 9

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  10. 10

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。