記事

妻のケータイに“みだらな動画”で不倫発覚 「iPhoneを探す」で現場に乗り込んだ夫がとった行動とは? 専門家が教える「不倫妻」の対処術 - 露木 幸彦

1/2

 3組に1組が離婚する「大離婚時代」。離婚というと男性が問題を起こし、女性が切り出すイメージが強いが、近年は妻側に問題があり、夫が離婚を望むパターンの案件が急増しているという。

【画像】妻はラブホテル街のコンビニで待ち合わせを……

 そんな夫婦問題に苦しむ男性のための書籍『男の離婚ケイカク クソ嫁からは逃げたもん勝ち なる早で!!!!!』が話題だ。著者の露木幸彦氏は行政書士として、1万件近い男女トラブルを専門に扱ってきた。

 同書の中から、妻の不倫をじわじわと追いつめて離婚に成功した「事件」を紹介した章を抜粋して転載する。

◆◆◆

不倫発覚の季節は「秋」ではなくなった!

 突然ですが、質問です。

「不倫の相談」が1年のなかでいちばん多いのは何月でしょうか?

 正解は8月。しかし、5年前は「10月」でした。この5年間で何が変わったのでしょうか? 不倫の相談者の大半は「バレたとき」にやってくるというのがヒントです。

 例えば、暑さの厳しい8月。人妻が誘惑に負けて、ちょっとハメを外し、夫以外の男に体を許してしまったとします。そんな夏休みのアバンチュール、不倫お忍び旅行、そして一夜限りの関係などは夏の風物詩。


写真はイメージです ©iStock.com

 かつて、そんな8月の不倫が夫にバレるのは、せいぜい2か月先の話でした。「探偵に頼んでおいた証拠をようやく入手」「クレジットカードの明細に2人分の旅行代金を発見」「久々の性交渉で避妊に失敗し、妊娠が発覚」などは秋の季節もの。

 そう、今までは「ヤッた日」と「バレる日」に、必ずといっていいほど「時間差」があったのです。まるで種をまいて、芽が出て、花が咲くかのように。真夏の夜の夢が即覚めることはなく、夏の風が秋の風に変わる頃までは思い出の余韻に浸ることができたのです。しかし、最近はどうでしょうか?

 いかんせん、ここ5年の間でIT技術が進歩しすぎました。前述の時間差などは存在せず、「ヤッた日」=「バレる日」というケースも珍しくありません。

 誰しもFacebook、LINE、Twitterなど、SNSのひとつくらいアカウントを持っているでしょう。今のご時勢、リアル世界の友達のほとんどはネット社会でも友達。不倫関係だってSNSを通せば「丸見え」です。

便利な機能は不倫の追跡にも役立つ

 さらに、スマートフォンやタブレット、クラウドサービスの普及により会話の中身はありのままに保存されており、不倫相手とのやり取りは「筒抜け」も同然。これが動かぬ証拠になり得るのです。

 リアル世界の目撃情報は、SNSという「拡声器」を通して知人から知人へ、まるで数珠つなぎのように広まっていきます。ネット上で伝言ゲームを繰り返していれば、いずれ一番知られたくない相手(配偶者)の耳に入るのは、もはや時間の問題。それなのに「不倫デート」をTwitterで実況中継したり、LINEのグループに写真を投稿したり、Facebookで居場所をチェックインしたら、どうなるでしょうか? どこの誰と何をしているのか……あっという間に「特定」されてしまうのは当然です。

 写真の同期機能、スマートフォン紛失時のGPS機能、SNSのタグ付け(写真に映っているのは誰かを投稿できる)機能、テレビ電話の機能、ソーシャルゲームのチャット機能、データのバックアップ機能、誰でも友達申請できる機能、パスワードの管理アプリ、既婚でも利用可能な婚活サイト、そしてアバターやピグの匿名性などにより、不倫がバレるスピードは加速度的に向上しています。

【実例I】嫁のデート現場に乗り込み制裁!

 ただでさえ、窮屈で落ち着かない世の中ですが、もはや不倫の余韻に浸るような余裕はなく、季節の移り変わりを感じる前に尻尾を掴まれるという「即バレ」の時代に突入したのです。そんな不倫の最前線について相談実例を交えながらお話ししましょう。

実例I 嫁のデート現場に乗り込み制裁!

【登場人物】※すべて仮名

夫:対馬孝治(37歳・地方公務員・年収600万円)

妻:対馬絵里香(39歳・看護師・年収100万円・ハンドルネーム『エリリン』)

子:対馬颯太(6歳)

妻の不倫相手:赤井剛(年齢、職業、住所不明・ハンドルネーム『つよぽん1975』)

「もっと早く気が付いていれば……家内が誰とでも『ヤル』なんて、まさか夢にも思いませんでした」

 孝治さんは今になって後悔の念をそう口にします。妻がFacebookを始めたのは今から5年前。最初は中学や高校の旧友との久々の再会を喜ぶというSNS本来の楽しみ方をしていました。

 当時、孝治さんの妻は育児ノイローゼ気味。毎日イライラしている様子で、孝治さんが気を遣って家事を手伝おうにも「いい人ぶってんじゃないわよ!」と逆ギレする有様……。とにかく事あるごとに癇癪を起こすので、話しかけることすらままならなくなっていきました。

 そんな矢先、妻が「日帰りで出かけたい。神社参りに行きたい」と切り出してきたのです。どうやらFacebookのなかに『パワースポットサークル』という集まりがあるようで、30人ほどの男女が参加し、神社仏閣や登山、滝、湖などのパワースポットを一緒に巡るとのこと。孝治さんは「気晴らしになれば」と妻を快く送り出し、代わりに子供の面倒をみることにしたのです。

「そのときは何とも思わなかったんです。でも今思えば、確かにおかしかったんです」

「共通の友人」がいないサークルで

 孝治さんがFacebook上のイベントページを覗いてみると、参加者と妻の間に「共通の友人」がいませんでした。イベントの参加者同士はほとんど初対面。見ず知らずの男女が行動を共にするのだから、参加者同士で「間違い」が起こっても全く不思議ではないでしょう。「共通の友人」がいないからこそ、後腐れなく付き合うにはちょうど良かったと穿った見方もできるでしょうが……。

「本当はこんなこと……したくなかったんです。でも、どうしても気が気じゃなくて」

 孝治さんは当時の心境をそんなふうに吐露してくれました。

 確かに、妻がサークルに参加すると1週間ほどは機嫌が良く、子どもにも優しい。急に癇癪を起こすようなこともなくなりました。孝治さんも「パワースポットのエネルギーはすごいな。こんなに人が変わるとは?」と本気で思っていたようですが、妻はますます調子に乗って外出回数が増えていったのです。

 最初は2か月に1度のペースだったのに、今や毎週のように出かけるので、家事や育児もおろそかに。結局、土日はほとんど孝治さんが子どもの世話をせざるを得なくなり、不信感が募りました。

「一体、僕は何をやっているんだろう。家内ばかり遊び歩いて、こんなのはおかしいのではないか。そもそもちゃんとサークルに参加しているのだろうか。精神的に安定しているのは本当にパワースポットのおかげなのか? 毎週、毎週、一体どこの誰と会っているんだ」

ミッション(1) 動かぬ証拠を収集

 孝治さんは居ても立っても居られなくなり、どうしても事の真偽を確かめずにはいられなくなりました。とはいえ、妻を直接問い詰めたところで、どうせ癇癪を起こして、逆ギレするに決まっています。

 そこで、妻がパソコンに保存している『iPhoneのデータ』を探ることにしました。万が一、iPhoneのバックアップをとらずに故障して買い替えを余儀なくされると、再度、各種設定をするのはかなり大変。だから、パソコン上にダウンロードしたiTunesを通じてバックアップをとるのは決して珍しいことではなく、孝治さんの妻の場合、隔週で行っていました。

 バックアップの対象は、電話帳や音楽、写真などのデータ、アプリ、SMSメールの送受信やLINEトーク、Facebookのメッセージなど。自宅のパソコンは夫婦共用で、夫のアカウントと妻のアカウントを使い分けていたのですが、孝治さんは妻のパスワードを知っていました。なぜなら、妻の手の動きを横目でこっそり観察したところ、パスワードは「誕生日の4桁」だろうと推測できたからです。

「早く一緒になりたいね」LINEの履歴には甘い言葉が……

 恐る恐るパソコンを開き、パスワードを入力。「妻のアカウント」でログインすることに成功し、そのままiTunesを開いてみたのですが……。

「愛している」「早く一緒になりたいね」「同時にベッドに入ろうよ。眠りにつこうよ」

 そんなふうに孝治さんとは別の男とスタンプを交えながら甘い言葉をかけあう様子がLINEトークに保存されていたのです。ハンドルネームは「つよぽん1975」。Facebookの『パワースポットサークル』の参加者一覧を見てみると「赤井剛 1975年生まれ」という輩がおり、LINEのIDと極めて似ていたため、おそらく同一人物と察しがつきました。

 しかし、それだけではありませんでした。

妻も裸の状態で……

 iPhoneにはFaceTimeというテレビ電話のアプリが標準で入っています。これは相手の姿形を画面で見ながら会話を楽しむことができる便利なツール。妻と男はこれを使ってやり取りをしていたようで、その中身は完全に常軌を逸していました。

つよぽん「おっぱい見た~い!」「いくところ、ちゃんと見せろよ」

エリリン「気持ちいい?大きくなってる?一緒になれてうれしい」

 そんなふうに卑猥な言葉を交わしていたのですが、卑猥なのは言葉だけではありませんでした。FaceTimeに映っていた男はもちろん、妻も裸の状態で、どちらも自慰行為をしながら、互いにその淫らな様子を見せ合っていたのです。

 確かに不倫の場合、普通の恋愛と比べ、会いたいときに会えないことが多く、直接会って性交渉する機会は限られるのですが、それにしても……です。

「とにかく屈辱的でした。今までの結婚生活が全否定されたような気がして、もうプライドはズタズタですよ」

 孝治さんは受け入れがたい妻の姿を運悪く目にしてしまったときの心境について、そう振り返ってくれました。FaceTimeでの一部始終が、あろうことかパソコン上に同期され、動画データとして保存されていたため、発覚した悲劇。夫婦は長男が産まれてから現在まで、ほとんど夜の生活がなかったようで、まるで自分への「あてつけ」のように感じられ、怒りを通り越して虚しい気持ちに……。

あわせて読みたい

「不倫」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    音喜多氏がみた辻元議員のズルさ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  3. 3

    「大阪に比べ東京は…」医師指摘

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    フォロワー160万人 AV女優の戦略

    NEWSポストセブン

  5. 5

    コロナ宿泊療養施設の処遇に呆れ

    猪野 亨

  6. 6

    岩田健太郎医師のGoTo批判に疑問

    かさこ

  7. 7

    日本モデルに再現性ない 報告書

    文春オンライン

  8. 8

    ヌード講座判決 賠償命令の背景

    町村泰貴

  9. 9

    コロナ終息後に旅行業界は混乱か

    後藤文俊

  10. 10

    レクサス事故 被告の放言に唖然

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。