記事
  • ロイター

中国国際金融、引受業務世界2位に浮上 アントIPOが押し上げ


[香港 2日 ロイター] - 調査会社ディアロジックによると、中国電子商取引大手アリババ・グループ<BABA.N>傘下の金融会社アント・グループ<6688.HK><688688.SS>の新規株式公開(IPO)に伴い、投資銀行の引き受けランキングで、中国国際金融(CICC)<3908.HK><601995.SS>が世界2位に浮上した。

CICCはアントの案件を担当する以前は今年のランキングで世界5位だった。世界トップはクレディ・スイス<CSGN.S>。

CICCは上海市場への重複上場で20億ドルを調達したばかり。

アントの上海および香港市場への同時重複上場では、CICCはスポンサーを務めている。アントは上海市場でのグリーンシューオプション行使分を含めこれまでに最大370億ドルを調達。同社のIPOは世界最大規模になるとみられている。

ディアロジックのデータによると、引き受けランキングの3位は米ゴールドマン・サックス<GS.N>、4位はシティグループ<C.N>、5位はモルガン・スタンレー<MS.N>。

アントのIPOは香港での投資銀行のランキングにも影響を与えた。

CICCは首位を維持し、市場シェアを9%から11%に拡大したが、欧米の銀行でトップ10に残ったのはアントのスポンサーを務めたシティグループ(8位)とモルガン・スタンレー(9位)の2行のみで、上位10行の残りは中国の金融機関だった。

アントは香港市場でのIPOの引受業務を担う24行に対し、売り出し株数の15%を対象とするグリーンシューオプションが行使された場合、最大1億9800万ドルの手数料を支払う。

手数料はIPOの調達額の1%相当で、香港での大方の案件と比べると低い。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  3. 3

    よしのり氏「皇女」案に危機感

    小林よしのり

  4. 4

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  5. 5

    意見広告は嘘でも許容されるのか

    島田範正

  6. 6

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  7. 7

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  8. 8

    よしのり氏 コロナの正体見たり

    小林よしのり

  9. 9

    トランプ氏が大統領選でついた嘘

    文春オンライン

  10. 10

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。