記事

大阪都構想 再び否決

大阪市を廃止し4特別区に再編する「大阪都構想」の住民投票が昨日1日実施され、反対多数で否決となりました。

大阪市は、政令指定都市として存続することになります。

2015年の住民投票に続き、2回目の否決です。
都構想を推進してきた日本維新の会の松井代表・大阪市長は、2023年春までの任期を全うした上で政界を引退する意向を表明し、維新にとって大きな打撃になる、と報じられています。

投票率は62.35%で、賛成66万6868票、反対67万8125票の僅差でした。前回反対にまわった公明党が、大阪での選挙事情などから賛成にまわり、反対は自民、共産などでした。

通常の選挙より投票率が高かったことから、大阪市民の関心は高かったのだと思います。松井大阪市長と二人三脚で都構想を進めてきた吉村知事は、任期を全うした後どうするかはその時点で決める、としています。

都構想が否決されたのは、主張や利点が不透明だった、とする声が、報じられています。

4つに市を分割することに焦点があたり、このままの市を存続しようという声が勝ったこと、財政見通しがはっきりしなかったこと、現在は維新の府知事と市長で関係がうまくいっているので改革の必要性を感じない人が多かったこと、などが、否決の要因にあげられています。

三度目の住民投票はない、ということですが、地方自治のあり方を考え続けることは必要だと思います。
東京都と23特別区の関係等にも問題点は多々指摘されています。

今回の維新が推進した都構想が否決されたことで、総選挙で全国展開を狙い、安倍前首相、菅首相と関係がよく、野党でありながら与党の別動隊ともいわれる維新の会の勢いが衰えるとすると、政治全体への影響もあると思います。

あわせて読みたい

「大阪都構想」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。