記事

都構想の夢がついえて

 大阪都構想は、今回も僅差でかないませんでした。

 賛成派、反対派とも必死の、壮絶なキャンペーンを展開し、最後までどちらに転ぶかわからないところまでいきました。市町村合併や学校の統廃合でもそうですが、長年親しんだ自治体や母校がなくなることには、誰でも寂しさと不安を抱きます。その中で一歩踏み出して新しい道を歩むことは、そう簡単にできることではありません。今回も最後の最後まで、もつれるだろうなと予想はしていました。

 今回非常に残念だったのは、無党派層の方々の賛否の割合です。6割の方が反対票を投じました。無党派層にしっかり都構想の中身や、反対派が指摘した住民サービスの低下に対する疑問を説明しきれなかったことは、推進派として大きく反省しなければならないと思います。

 もちろん、デマや誤報道が大きく影響したことは事実です。しかし、投票する方々が、そういう情報も目にした上で、しっかり賛成していただける、そこまでもっていけなかったことは、やはり説明不足、対策不足だったのでしょう。

 でも、橋下さん、松井さん、吉村さんはじめ大阪維新の会の皆さんが心血を注いでやってこられた大阪のまちづくりが否定されたわけではありません。府と政令市が併存し続けることにより、首長が変われば二重行政などの弊害が再び生じるリスクは残ります。ですが、この10年間に行ってきた改革の成果を実感し、二度と同じようなちぐはぐを繰り返さない、とどの政党の政治家も心に決め、大阪市民も行政をチェックするようになれば、過去に戻ることは防ぐことはできます。それが制度的に担保されないことは非常に残念ですが、この住民投票を通じ、大阪市の方々が、常に府と市の行う行政サービスが最適化されているかどうかを見る目を持つようになっていただければと思っています。

 私は、この大阪都構想という大都市制度が、他にも同じ問題を抱えた大きな政令市と府県との関係にも適用しうる制度だと期待していたのですが、その希望はかないませんでした。しかし、時期が来れば、またわが国の大都市制度を見直す機会や、国全体の構造を見直す機運が高まってくると思います。結果は大きな挫折でしたが、このことがきっと将来、日本のよりよいまちづくり、国づくりに生きると考えています。

 最後に、松井さん、吉村さんはじめ、大阪維新の会の皆様、都構想の実現に向けて情熱を注がれたすべての方々、本当にお疲れさまでした。

あわせて読みたい

「大阪都構想」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。