記事

ネットにデマ投稿で名誉毀損の「罪」

先月の記事だが・・・。

ネットのデマ投稿、被告は無罪主張

2017年に神奈川県の東名高速道路であおり運転を受けた夫婦が死亡した事故を巡り、無関係の会社をインターネット上で中傷したとして、名誉毀損(きそん)の罪に問われた投稿者の小売店従業員の男性被告(53)=埼玉県川越市=は29日、福岡地裁小倉支部(森喜史裁判長)であった初公判で、投稿した行為は認める一方で「名誉を毀損する意思はなかった」と述べた。弁護側は名誉毀損に当たらないとして無罪を主張した。

記事にはさらに、

別の投稿を引用する形で会社情報につながるURLを張り付けるなどした投稿が名誉毀損に当たるかが争点となるが、男性は「興味本位で検索結果を張り付けただけで、拡散元として扱われているのは納得できない」などと述べた。

とある。

拡散元として扱われるのは納得できないというが、実際の投稿を見てみないとなんとも言い難い。そして刑事事件となるということが、結構な驚きではある。

民事事件で責任追及する可能性だけでも結構な萎縮効果があるあると言われているのだが、刑事事件となれば、たとえ罰金でも前科前歴となる。ダメージは大きいだろう。

あわせて読みたい

「SNS」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。