記事

舛添要一氏「菅さんは団塊世代の不安解消策を早く示すべき」

菅首相と同じ年の舛添要一氏が政権の課題を語る

 第99代総理大臣に就任した菅義偉氏は昭和23年(1948年)12月6日生まれの「団塊の世代」だ。第二次大戦直後の昭和22年(1947年)から昭和24年(1949年)に生まれた「団塊の世代」は、戦後の経済成長を支えてきた存在だが、政治の世界では決して目立っていたわけではない。

【表】菅首相と年齢の近い歴代自民党総裁と「団塊の世代」の現役国会議員一覧

「カラーが見えない」「大きなビジョンがない」などと指摘されることも多い菅総理は日本をどこに導くのか──。

「とにかく菅さんは団塊世代の不安を解消するビジョンを早く示すべきでしょう」

 菅氏と同じ年で前東京都知事の舛添要一氏(元参議院議員)はこう指摘する。2025年には団塊の世代がすべて後期高齢者になる。医療や介護は今まで以上に重要となるが、取り巻く環境は芳しくない。

 まずは安倍政権が積み残した高齢者の医療負担の問題。後期高齢者の医療費の自己負担割合は現状では原則1割だが、一定の所得以上の人は2割に引き上げる案が検討され、この年末までにとりまとめられる予定だ。

「加えて、これから団塊の世代の介護リスクが高まることを理由に、介護保険料がさらに値上げされる可能性もあります」(舛添氏)

 2025年問題に向け、国は医療費抑制のため病床数の削減と在宅医療を推進している。病院から早く追い出されるが、お金がないので在宅でも十分な医療を受けられない「医療難民」が発生しかねない。

 菅首相にとって最大の政策テーマは日本の人口のボリュームゾーンとなった同じ世代を“どう切り捨てていくか”にあるのかもしれない。

※週刊ポスト2020年11月6・13日号

あわせて読みたい

「菅内閣」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  2. 2

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

  3. 3

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  4. 4

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  5. 5

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  6. 6

    検査少ない東京 実際の感染者は

    ktdisk

  7. 7

    ジリ貧の書店 サービス不足原因?

    吉田喜貴

  8. 8

    自民党も評価 公正だった民主党

    非国民通信

  9. 9

    対案出さない野党「追及で十分」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    香港民主派の周庭さんら3人収監

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。