記事

“大阪都構想”は反対多数 「説明を尽くさない姿勢」が示す新政権の弱点とは 「説明できることとできないことがある」 - プチ鹿島

「大阪市廃止・特別区設置住民投票」は反対多数の結果が出た(いわゆる「都構想」)。

【画像】眉間にしわを寄せる松井一郎大阪市長

 翌日(11月2日)の新聞各紙を見てみよう。私が気になったキーワードは「説明」だ。


大坂都構想否決を受けて会見する吉村府知事(左)と松井市長 ©時事通信社

『説明尽くさず 招いた失速』(朝日新聞大阪社会部長・羽根和人)

《「住民サービスが低下するのではないか」と案じる市民の声を何度も聞いた。それに対して松井市長らはオンラインを含めても住民説明会を前回より大幅に減らし、反対派の主張を「デマ」と決めつけた。本社世論調査では説明が「十分でない」と答えた人が5割を超えた。説明を尽くさない姿勢が、失速を招いた。》

 産経新聞の社会面はもっと厳しい。『広報 公平性に疑問の声』として、

《大阪府と大阪市の共同部署「副首都推進局」の資料は利点を強調する内容ばかりで、推進派の大阪維新の会の主張と重なりが多い。識者は公平性に疑問を呈し、市民からも「デメリットを知りたい」との声が上がった。》

 さらに、

《市が8カ所で開いた市民説明会では、松井氏や副首都局の説明に「まるでマルチ商法の説明会みたいだ」と厳しい意見も飛び出した。》

 ま、マルチ商法!

思い出される2か月前の「うがい薬」騒動

 さて「説明」というキーワードでどうしても思い出すのがこれ。

『うがい薬 効果あったのか』(東京新聞10月16日)

 コロナウイルス対策として、吉村大阪府知事が8月に呼び掛けたポビドンヨードによるうがい。

 会見から2ヵ月以上経つが、記者が調べてみたら大阪府からは「府として呼び掛けに応じた人数は把握していないし、効果も検証していない」という回答が返ってきたという。つまり言いっ放し?

 吉村知事の8月のあの会見、理解を見せていたのは読売の「編集手帳」(8月5日)だった。知事の発表は効果を確かめる必要はあるが「時を争う現状の危機を踏まえての呼びかけだろう」と。

賛成派はメリットのみ、反対派はデメリットばかり? 

 実はこのコラムが比較していたのは当時の安倍首相だった。「首相は長く記者会見を開かず、国民に呼びかけをしていない」。ここでもキーワードは「説明」。

 しかしあれだけ派手にプレゼンした「イソジンその後」がこれなら都構想のプレゼンにだって迷う人もいたかもしれない。都構想はウソのような本当の話なのか、その逆なのか、と。

 今回の「説明」不足は賛成派だけではない。

《賛成派はメリットのみを言い、反対派はデメリットばかり言う。とても議論にならない》《私には、反対派と賛成派の議論は「情緒」VS「夢物語」に見える》

 と元NHK記者でジャーナリストの立岩陽一郎氏は書いた(日刊ゲンダイ10月28日付)。

 説明不足が指摘された今回、毎日新聞はこう振り返る。

《最終盤には、大阪市を四つの自治体に分割した場合に行政コストが増えるとした市財政局の試算が明らかになった。財政局は当初、「4特別区のコストを考える一つの目安にもなる」としたが、松井氏が「架空の数字で捏造(ねつぞう)だ」と財政局長を厳重注意。試算を一転して撤回させ、賛否両派で論争が起きた。》(11月2日)

“行間”を感じる財務局長の会見

 ここで言う「市財政局の試算」を報じたのは毎日新聞だった。報道後、財務局長は松井市長と面談後の会見で自ら「捏造」と表現。

《質問に対して数秒間沈黙するなど、終始厳しい表情を浮かべて、謝罪を繰り返した。》(10月30日)

 試算そのものよりこの会見のほうが大阪市民への影響は大きかったのではないか。それぐらい行間を感じた会見だった。

 そもそも都構想とは何か。

《都構想はもともと大阪を成長させ、グローバルな大都市競争に打ち勝つことを主眼に置いていた。》(社説・日経新聞11月2日)

 しかし、

《2度の住民投票に向かう過程で、都構想はサービス低下への懸念に配慮して特別区の権限や財源を重視する方向に傾き、成長への期待が薄らいだ。それなら大阪市を廃止するまでもないというのが市民の判断ではないか。》

 日経社説は各地の大都市が世界の都市と渡り合いながら成長していくには「都構想とは逆に、政令市が道府県から独立し、市域での道府県の権限と税財源を一手に握る制度」である“特別自治市構想”も選択肢に入れるよう提案している。

都構想否決による政権への影響は?

 今回の都構想否決は『政権「補完勢力」に陰り』(毎日)や『改憲・国会 影響も』(読売)と菅首相への影響も書く記事が多い。

 自民党の大阪府連が反対にもかかわらず、都構想に理解を示してきたのは維新との関係を重要視してきたからだ(読売)。

 その菅首相は先週代表質問を終えた。毎日新聞の社説には従来の発言を繰り返すだけの姿に「審議を恐れているのでは」と書かれていた(10月29日)。

 オフレコのパンケーキ懇談会だとか、密室のインタビュー形式だとか、就任して所信表明演説まで40日以上も間隔があるとか、表に出てきたがらなかった菅首相。

 照れ屋なのだろうか。それとも「裏回し」の仕事に慣れ過ぎたのか。

 でも、なりたくて首相になったのだから議論や説明をしない態度はそれこそ説明にならない。

 今週から論戦の場は予算委員会に移る。予算委は代表質問と違い一問一答形式で行われる。

《政府・与党内には「首相は丁々発止のやり取りは苦手だ」(自民党幹部)と不安視する向きもある。》(読売10月31日)

 最近は学術会議の会員候補の任命拒否は「多様性」を念頭に置いた判断だとか、「説明できることとできないことがある」(NHK番組で)と言いだした。いま一番面白い人かもしれない。予算委員会も気になる。

 でも絶対に見るなよ、見るなよ。ようやく表に出てきてくれたのだから。

(プチ鹿島)

あわせて読みたい

「大阪都構想」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  2. 2

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

  3. 3

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  4. 4

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  5. 5

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  6. 6

    検査少ない東京 実際の感染者は

    ktdisk

  7. 7

    自民党も評価 公正だった民主党

    非国民通信

  8. 8

    ジリ貧の書店 サービス不足原因?

    吉田喜貴

  9. 9

    対案出さない野党「追及で十分」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    香港民主派の周庭さんら3人収監

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。