記事
  • ロイター

中国、豪産ロブスターに新たな通関検査 豪は出荷停止


[シドニー/北京 2日 ロイター] - オーストラリアは、中国がオーストラリア産ロブスターに対して新たな通関検査を導入したことを受け、中国へのロブスター出荷を停止した。豪政府と業界団体が明らかにした。中国は豪産ロブスターの最大市場。

豪メディアによると中国は豪クイーンズランド州からの木材輸入も停止した。住友商事が保有する豪穀物輸出会社エメラルド・グレインからの大麦輸入も禁止したという。

両国関係が悪化する中、オーストラリアではロブスターが中国の報復措置の新たな標的となることが不安視されている。

先週末始まった中国の新たな検査について、リトルプラウド豪農業相は「深刻な懸念事項」と述べ、中国に説明を求めているとした。

同相は豪公共放送(ABC)に、豪側でも出荷前に検査が行われており、中国による措置に疑問を呈した。

業界団体「海産物貿易アドバイザリーグループ(STAG)」は1日、国内の輸出業者の大半は、検査項目の追加で手続きが長引く恐れがあるため、中国へのロブスター出荷を停止したと明らかにした。「手続きの長期化リスクを和らげるため、新たな措置について詳細が明らかになるまで大半の輸出業者が中国への出荷を停止することを決めた」とした。

政府統計によると、2018/19年度の豪産ロブスターのうち、中国向けが約94%を占めた。

両国を巡っては、オーストラリアが今年、新型コロナウイルスの発生源に関する国際調査を求めたのをきっかけに報復措置の応酬が続いている。中国は豪輸出品に対して一連の貿易制裁を実施している。

中国外務省の汪文斌報道官は定例記者会見で、検査は中国の法に則っており、国内消費者の食品安全性を確保することを目的としていると説明。木材の輸入停止については繰り返し有害生物が見つかったことを受けた措置だとした。

豪産大麦については発言しなかった。ロイターは、中国がオーストラリアによる大麦の関税撤廃要請を拒否したと報じている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  3. 3

    よしのり氏「皇女」案に危機感

    小林よしのり

  4. 4

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  5. 5

    意見広告は嘘でも許容されるのか

    島田範正

  6. 6

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  7. 7

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  8. 8

    よしのり氏 コロナの正体見たり

    小林よしのり

  9. 9

    トランプ氏が大統領選でついた嘘

    文春オンライン

  10. 10

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。