記事
  • ロイター

ユーロ圏10月製造業PMI、54.8に上昇 再びドイツがけん引

[ロンドン 2日 ロイター] - IHSマークイットが発表した10月のユーロ圏製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は54.8と、9月の53.7から上昇した。

2018年7月以来の高水準。速報値の54.4から上方修正された。50が好不況の分かれ目となる。

ドイツ経済が再びけん引役となった。景気回復のペースに差が出ていることに加え、新型コロナウイルスの再流行でユーロ圏のサービス部門の10月のPMI速報値は50を割り込んでおり、当局の懸念要因になるとみられる。

生産指数は58.4と、前月の57.1から上昇。速報値の57.8を大幅に上回った。

IHSマークイットのチーフ・ビジネス・エコノミスト、クリス・ウィリアムソン氏は「ユーロ圏の製造業は10月に急拡大した。生産と受注が、過去20年でまれに見るペースで増加した。ただ、今回のデータは第4・四半期の生産にとっては良い兆候だが、拡大が一様ではないことが懸念される」と指摘。

「今回も、ドイツが突出して好調だった。新規受注は急増し、25年前の統計開始以降で例のない水準となった」と述べた。

ただ、一部のユーロ圏諸国同様、ドイツでも最近、厳格な行動規制が再導入されており、少なくとも製造業の一部の活動が抑制される可能性がある。

PMI統計によると、10月は需要が急増。受注残が健全な水準に積み上がった。ただ、楽観度は低下しており、雇用も2019年5月以降、縮小が続いている。将来の生産を示す指数は63.8から62.7に低下した。

同氏は「製造業全体はしばらく急拡大するかもしれないが、回復を維持できるかは、家計の行動が正常化するか、労働市場が改善するかにかかっている」とし「感染第2波を踏まえると、まだ時間がかかりそうだ」と述べた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    朝日新聞170億円赤字 社長退任へ

    BLOGOS編集部

  3. 3

    共産党の式欠席に「ありえない」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

  5. 5

    やきそば名物店 コロナで閉店へ

    田野幸伸

  6. 6

    追えないだけ?電車内の集団感染

    諌山裕

  7. 7

    渋野騒動 日テレのスポーツ軽視

    WEDGE Infinity

  8. 8

    よしのり氏が秋篠宮さまを擁護

    小林よしのり

  9. 9

    勝ち組のJAL 明暗分けた財政戦略

    PRESIDENT Online

  10. 10

    コロナ自殺を増さぬよう経済回せ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。