記事

スマホによる脳への悪影響 情報過多でうつになる可能性も

スマホは脳・精神にも影響を…

 人がスマホを多用するようになったのは、ここ数年のこと。この状況が10年、20年、50年と続けば、人体にどんな影響が出るのか、まったくわからない。すでにスマホが原因の多数の体調不良も報告されている。

 スマホの引き起こす影響は脳にまで及ぶという。菅原脳神経外科クリニック理事長の菅原道仁さんはこう話す。

「スマホの長時間利用によって、脳が情報を処理しきれなくなる『脳疲労』が引き起こされます。もちろん、テレビを見る、読書をするといった行為でも、長時間にわたれば脳に疲労は蓄積します。ですが、スマホから得られる情報はゲームや動画、SNS、インターネットなどさまざまな刺激の強い要素が組み合わさっている。情報量が格段に多く、色彩や音、光などの刺激が強いため、特に脳の神経を疲労させる度合いが高いといえるでしょう」(菅原さん・以下同)

 脳疲労に陥ると脳の前頭前野の働きが阻害され自律神経に支障をきたす。不眠や便秘といった不調を引き起こすだけでなく、疲労が進むにつれて不安、イライラ、気持ちが沈むなど感情をコントロールする力が低下するという。

「スマホは持ち運びが簡単で手軽に見られるため、ついつい“ながら見”をしがちです。ですが、ちょっとした息抜きのつもりでも、脳に与える影響は大きく、気づかない間に疲労が蓄積されるんです」

「物覚えが悪くなった」というのも、スマホが原因の可能性がある。

「スマホを見ていると大量の情報がインプットされますが、反対にアウトプットする機会はほとんどありません。そのため、たくさんの情報を理解したつもりでも、仕入れた知識を反復して記憶を定着させることがないため、長期記憶につながりません。知識量が増えないどころか、思考力の低下を招くばかりです。物忘れが激しくなるのも、情報をアウトプットする“想起力”が低下していることが原因でしょう」

 人の名前や言葉が思い出せず、「アレよ、アレ」となるのは、「アウトプット離れ」が引き起こす想起力の低下の典型例だという。

 スマホによる情報過多は、メンタルにも影響を及ぼす。

「情報過多が原因で『うつ』になる人がいます。そうした人は、SNSやネットを見て、他者と自分を比較する傾向が強い人が多い。充分な休養が取れているときなら問題がなくても、疲れがたまっているときに他人の輝かしい情報を目にすれば、ついイラッとして妬みや批判につながります。そうしてメンタルの状態が悪化すると、次第にうつ状態になる」

 影響が出るのは大人だけではない。カナダのアルバータ大学が行った調査によると、1日2時間以上スマホやタブレットの画面を見て過ごす幼児は、2時間未満の幼児に比べて、注意欠如や多動症といったADHDを発症するリスクが7倍高くなるという。

 そのため、研究では「1日30分以下の使用時間が望ましい」と報告されている。それほどに、スマホが脳に与える影響は大きいのだ。

※女性セブン2020年11月5・12日号

あわせて読みたい

「スマートフォン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    朝日新聞170億円赤字 社長退任へ

    BLOGOS編集部

  3. 3

    共産党の式欠席に「ありえない」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

  5. 5

    やきそば名物店 コロナで閉店へ

    田野幸伸

  6. 6

    追えないだけ?電車内の集団感染

    諌山裕

  7. 7

    渋野騒動 日テレのスポーツ軽視

    WEDGE Infinity

  8. 8

    よしのり氏が秋篠宮さまを擁護

    小林よしのり

  9. 9

    勝ち組のJAL 明暗分けた財政戦略

    PRESIDENT Online

  10. 10

    コロナ自殺を増さぬよう経済回せ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。