記事
  • ロイター

英ウィリアム王子が4月にコロナ感染、一時重篤に=メディア


[1日 ロイター] - 英国メディアは1日、4月にチャールズ皇太子が新型コロナウイルスに感染したのと同時期に、息子のウィリアム王子も感染していたと報じた。ケンジントン宮殿の複数筋の話として伝えた。

サン紙は、国民を心配させたくなかったため、感染を秘密にしたとする王子の発言を報じた。

同紙によると、王子は宮殿の侍医により治療を受け、政府の指針に従ってノーフォークの私邸で自主隔離していた。また、4月に14件の公務を電話とビデオ会議でこなしたという。

ある筋はサン紙に、「王子は重症化し、一時は呼吸困難に陥った。周囲は明らかにパニック状態だった」と明かした。

BBCも1日に関係筋からこの情報を確認。ただ、ケンジントン宮殿と王子の事務所は報道に関するコメントを拒否した。

王室は3月25日、チャールズ皇太子の感染を公表。症状は軽く、スコットランドの私邸で7日間自主隔離を行ったとした。

あわせて読みたい

「イギリス王室」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  2. 2

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  3. 3

    朝日新聞170億円赤字 社長退任へ

    BLOGOS編集部

  4. 4

    眞子さま結婚に浮かぶ若者の苦悩

    木村正人

  5. 5

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    西村大臣「リスク低くても制約」

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    よしのり氏が秋篠宮さまを擁護

    小林よしのり

  8. 8

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  9. 9

    揺れる電通 社訓・鬼十則刷新か

    文春オンライン

  10. 10

    コロナ自殺を増さぬよう経済回せ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。