記事

夜間外出禁止令に違反して沖縄米兵が深夜に住居侵入・傷害事件 野田政権は誰のための政府か

 在日アメリカ軍は2012年10月16日、海軍の兵士2人がかりで女性に乱暴したなどとして、この兵士2人が逮捕されたことを受けて、日本に駐留するすべてのアメリカ軍兵士に対して、毎日、午後11時から翌日の朝5時まで夜間の外出を禁止する指示を19日に出しています。

 にもかかわらず、夜間の外出禁止を指示されているはずのアメリカ軍の兵士が、11月2日午前1時ころ、沖縄県で、酒に酔ってビルの3階の部屋に侵入し、室内にいた男子中学生を殴ってけがをさせた疑いがあることが分かり、警察が住居侵入や傷害の疑いで調べています。

 外出禁止令が出ているのに、なぜ、この兵士は外に出られるんですかね!

 兵士に殴られたのは13歳の男子中学生で、

「リビングで寝 ていたところ、突然、外国人が入ってきて起こされ、英語で何か話しかけられたあと殴られた」

と話しているということです。怪我も可哀想ですが、なにより精神的にめちゃめちゃ怖かったと思いますよ!

 この兵士は、1日夜、飲食店で酒を飲んだあと、酔ったまま3階に上がって鍵のかかっていない部屋に侵入し、室内にいた男子中学生の顔を殴ったということです。さらに、部屋のテレビを壊したあと、3階の窓から転落したということです。

 通報で警察官が駆けつけたところ、ビルの前の路上に男が倒れていて、沖縄にあるアメリカ軍嘉手納基地に所属していることを示すIDカードを携帯していたということですが、男は、けがの手当てを受けるため、アメリカ軍の病院に運ばれましたが、その後、24歳の空軍兵士と確認されました。

 沖縄県警は、米兵は発見時にけがをしていたため、通常通り、負傷者として海軍病院へ搬送し、その後の捜査で中学生への傷害や器物損壊の疑いなどが浮上したと説明していますが、本当なんでしょうかねえ。住居侵入した建物から落ちて、その建物の中に殴られた中学生がいるんですから、犯罪だというのは警察にもわかったはずで、準現行犯逮捕ができたはずです。

 こうやって海軍病院に入れてしまうと、身柄は米軍の下にあることになります。この米兵の身柄については、県警と米軍の間で今後、調整するそうですが、日米地位協定により、日本側への身柄引き渡しが実現するかは不透明です。沖縄県警がアメリカ軍に身柄を渡してしまったんじゃないんでしょうか。

 なぜ、海軍病院に入れることになったかなんですが、通常、沖縄では外国人の場合は本人に確認を取った上で近くの米軍の海軍病院=同県北谷町(ちゃたんちょう)=へ搬送しているというんです。まだ占領下にあるみたいな運用です。今回も米兵本人が了解したため、2日午前1時33分に海軍病院へ搬送したというのですが、そりゃあ、米軍に逃げ込んだ方が有利だからに決まっています。

 米国は沖縄の施政権こそ日本に返還しましたが、復帰後も日米地位協定に基づき「基地の自由使用」の権利や米軍の特権的地位を温存しています。オスプレイの運用協定をいきなり破るやり方を見てもわかるように、彼らは沖縄を自由に使える土地だと思っているのです。

 そして、現行の地位協定では、米軍人の公務中の事件・事故については米軍が裁判権を優先的に行使できます。公務外に基地の外で起こした犯罪についても、米側が身柄を拘束した場合は、起訴まで身柄を日本側に引き渡さなくていい規定になっています。

 また、1995年の沖縄米兵少女暴行事件を受け、凶悪犯罪では起訴前の容疑者引き渡しに「好意的配慮を払う」と運用を改善しましたが、引き渡しを判断する権限は依然米側にあります。しかも、今回の事件について、外務省は凶悪犯罪に該当しないとみているので、「好意的配慮」(なんじゃ、それ)もありません。

 自分たちの米軍基地に逃げ込んでしまえば、日本の警察に逮捕されないですむことを、米兵たちはよく知っているのです。

沖縄米兵集団女性暴行事件と田母神俊雄元航空自衛隊幕僚長ら極右のセカンドレイプ

 沖縄返還後の米軍関係の刑法犯は2011年末で5747件にも及び、そのうち殺人、強姦、強盗などの凶悪犯罪は568件に上ります。なかでも1995年・2008年には悲惨な少女暴行事件も起きました。

 このような米兵による重大犯罪が起きるたびに、日本政府が再発防止を申し入れ、米軍は綱紀粛正を約束するのが常です。しかし、10月の夜間外出禁止令も意味がありませんでした。8月には、那覇市で海兵隊員が強制わいせつ致傷事件を起こし、政府は米軍に綱紀粛正を要請したのですが、そのわずか2カ月後に10月の事件が起き、10月に綱紀粛正・夜間外出禁止を約束しても、11月にはこの事件です。

 オスプレイの配備にあたってなされた日米間の合意も違反が続いています。アメリカ軍は、沖縄を未だ占領している意識で、沖縄の女性を「従軍慰安婦」かなにかと勘違いしているのじゃないですか。イラクやアフガニスタンへの出撃も全部沖縄からです、激烈な戦闘でささくれだった米軍兵士の欲求の吐き出し場所が沖縄になってしまっていて、米軍もそれを大目に見ているんじゃないですか。

 そして、日本政府も。

 野田首相は11月2日、この事件について

「極めて遺憾に思う。あってはならないことが起こってしまった」

と内閣記者会とのインタビューで語ったのみです。極めて遺憾と思うって、あってはならないことが何度も立て続けに起こっているんです。国民を守るべき日本政府の代表として、もっと怒り狂ってアメリカに文句を言ったらどうなんですか。

 学校の先生は子どもを守らないし、政府は国民を守らない。とんでもなく不幸な国です。

 今回の事件が起こる前、在日米軍に関する日米合同委員会が10月25日に外務省で開かれ、米側は米兵による集団強姦(ごうかん)致傷事件を受けて実施している夜間外出禁止の期間を数週間とする考えを示しました。その間に、軍人の研修など従来の再発防止策を見直すとしています。

 意味がないかもしれませんが、夜間外出禁止令は無期限延期!軍人の研修強化は当然です。

 そして、絶対に日米地位協定を改訂して、犯罪を犯した米軍兵士は全部日本の警察・検察が取り調べ、すべての事件を日本の裁判所で裁くことにするべきです。

未亡人製造機オスプレイ配備1か月 相次ぐ合意違反に文句を言わず、自衛隊でも購入を検討する野田民主党

あわせて読みたい

「普天間基地移設問題」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    質疑から逃げた立民は論外だが、自民党も改憲やる気なし。不誠実な憲法審査会の結末

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月07日 10:21

  2. 2

    病床ひっ迫で入院厳しく…「来た時点で肺が真っ白」 大阪の医師が警鐘「第3波以前とは全く別の病気という印象」

    ABEMA TIMES

    05月07日 08:12

  3. 3

    格差問題の必然性

    ヒロ

    05月07日 11:19

  4. 4

    「コカ・コーラは永久不滅!」雅楽師の東儀秀樹が深い”コーラ愛”を語る

    ふかぼりメメント

    05月08日 00:00

  5. 5

    総選挙前に自民党総裁選? 安倍晋三元首相が再登板の可能性

    内田樹

    05月07日 14:46

  6. 6

    「日本を食い物にする」無責任IOCに批判殺到…世界からも続々

    女性自身

    05月07日 13:46

  7. 7

    「首相も都知事もリアルな社会人の生活を理解してない」 "間引き運転"で露呈した政治家たちの「わかってない」感

    キャリコネニュース

    05月07日 09:14

  8. 8

    出口治明さんが語る「35年ローン」で家を買ってはいけない理由

    幻冬舎plus

    05月07日 09:04

  9. 9

    朝ごはんの器で1日が変わる コロナ禍で“食”を見つめ直すきっかけに

    羽柴観子

    05月07日 08:40

  10. 10

    東京五輪開催是非について口を閉ざすアスリートに疑問

    諌山裕

    05月07日 17:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。