記事

祝:山中さん文化勲章受章と再生医療の未来

11月3日は文化の日。
Wikiせんせいによれば、その謂れは以下のようになっています。

1946年(昭和21年)に日本国憲法が公布された日であり、日本国憲法が平和と文化を重視していることから、1948年(昭和23年)に公布・施行された祝日法で「文化の日」と定められた。日本国憲法は、公布から半年後の1947年(昭和22年)5月3日に施行されたため、5月3日も憲法記念日として国民の祝日となっている。

なので、「ハッピーマンデー制度」の対象ではなく、今年のように土曜日に当たると「残念」な感もあり。
いっそのこと、ハッピー・フライデー(土曜日が祝日の場合には金曜日が振替休日)にしたら良いのではないかしらん?
個人的には月曜日が休日にずれるよりも、早く週末が来る方がリズムが乱れなくて好きですね。

さて、文化の日には文化勲章が天皇陛下から授与されるのですが、山中伸弥さん、ノーベル賞受賞後、このたび文化勲章も受賞されます。
重ね重ね、おめでとうございます!
その報道を取り上げるタイミングを逸してしまったのですが……
産経ニュース:山中伸弥さんが喜びの会見「感謝したい人の名前だけで本になる」

その明日の授賞式に上京されるのに合わせるタイミングで、文科省で幹細胞・再生医学戦略作業部会が開催されました。
ちょうど来年度の概算要求も現実味を帯びてくる時期でもあり、日本初のiPS細胞作製技術を中心に末田「今後の幹細胞・再生医学研究の在り方について」や「再生医療実現化ネットワークプログラム」の全体像についての議論が為されました。
【追って資料が公表されましたらリンク先加筆予定】

私自身は発生生物学のバックグラウンドがあるのでこの委員として参加していますが、自分自身はこの領域の研究費を頂く立場には無いので、いわば、ちょっと外側から、でも研究者コミュニティー側として幹細胞・再生医学研究を見守るスタンスです。
そもそも、研究者にとって「研究のロードマップ」を描くのは結構難しいのですが、それはそれとして、ロードマップを描くだけでなく、派生するいろいろな問題を社会としてきちんと考えながら進めることが大切、ということ、そのための多様な人材育成やポジションの確保も、研究全体を推進する上で重要、ということを言い続けています。

あわせて読みたい

「山中伸弥」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株は「全く別のウイルス」 スーパーサイヤ人みたいなもの

    中村ゆきつぐ

    05月09日 08:22

  2. 2

    過剰な公平意識で「一部の業界に圧倒的なリソースを注ぐ」決断できず感染が加速

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月09日 10:22

  3. 3

    ネット署名 『人々の夢と希望をつなぐため、東京五輪の開催を支持します』立ち上がる

    和田政宗

    05月08日 21:34

  4. 4

    母親像や家庭のあり方が多様化する現代で感じる「母の日」への違和感

    常見陽平

    05月09日 13:39

  5. 5

    <止まない炎上>小室禍と東京五輪エンブレム騒動の類似点

    メディアゴン

    05月08日 08:13

  6. 6

    「場当たり的な対応」にみる菅政治の限界

    おくの総一郎

    05月09日 08:07

  7. 7

    東京五輪、本当にやるんですか?

    安倍宏行

    05月09日 10:22

  8. 8

    コロナワクチン打てば大丈夫?専門家すら反応を示さない風潮に疑問

    自由人

    05月08日 09:08

  9. 9

    菅首相は何度同じ失敗を繰り返すのか

    鈴木しんじ

    05月08日 20:51

  10. 10

    菅さんじゃ駄目だとなっても、安倍さんがいいということには絶対にならないし、そうさせてもいけない

    早川忠孝

    05月08日 08:26

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。