記事

新しい公共推進会議で「休眠預金」の活用を検討

画像を見る

臨時国会冒頭、野田総理大臣の所信表明がありました。総理は「貧困や孤独にあえぎ、あしたの生活さえ思い描けない人や、いじめにおびえる子どもたちもいます」「『新しい公共』が社会に根付くための環境整備にも努めます」と明言。総理大臣の口から「貧困」という言葉が出てくることに、私は社会の変化を感じています。

政権交代前、この国の政府は決して「貧困」の存在を認めてきませんでした。そこで私は、2009年1月の代表質問で、貧困実態の全国調査を求めたのです。国交副大臣に就任してからは、低所得者のための住宅政策に取り組みました。総理大臣補佐官のときは、自殺対策や「孤立死」の問題などにとりくむ官邸直属のチームで働きました。

いまは、「新しい公共」担当の政策調査会副会長。そして、党の「新しい公共推進会議」副議長としても働いています。

本日、メンバーを新たにした「新しい公共推進会議」の総会が開かれました。新しく議長に就任した古川元久・前国家戦略担当大臣のもとで、現在とりくもうとしているのが、ひとつは「休眠口座の活用」です。金融機関に預金として預け入れられたまま、長い間取引が行われないと時効消滅し、銀行の利益として組み入れられてきました(預金者の払い戻しには事実上応じてきました)。毎年800億円以上が積みあがっていくため、これを復興支援や地域活性化、ベンチャー企業・NPOなどの支援に利用しようという案です。

今後10年間で、6000億~9000億円の累積が見込まれます。基金などを設立し、運用していく案を検討しています。

そして、2006年にノーベル平和賞を受賞したムハマド=ユヌス氏が広めた「マイクロクレジット」も進めていこうと考えています。官民連携による「ふるさと投資(地域活性化小口投資)」として、ソーシャルビジネスなどの支援を行い、地域を元気にする。その素案づくりを急いでいます。

あわせて読みたい

「休眠預金」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ対策の都道府県別の評価【大阪府 最下位】

    山内康一

    05月17日 15:57

  2. 2

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  3. 3

    ジェンダー問題の被害者?“おじさん上司”にも存在する生き辛さ

    ABEMA TIMES

    05月17日 09:23

  4. 4

    企業でいえば万年課長 大臣の一言でいつでも飛ばされる官僚はつまらない商売か

    ヒロ

    05月17日 10:54

  5. 5

    ようやく減りだした東京の感染者数 人流抑制は変異株に有効か

    中村ゆきつぐ

    05月17日 08:31

  6. 6

    石橋貴明の始球式が“神対応”と話題 若者ファンが急増のワケ

    女性自身

    05月17日 13:22

  7. 7

    東京オリンピック 強行しても拭えない「穢れ」の印象

    柴那典

    05月17日 08:16

  8. 8

    本仮屋ユイカ 有村騒動で涙…1ヵ月半で破綻した信頼関係

    女性自身

    05月16日 22:58

  9. 9

    都議選2021の争点は「表現の自由」が熱い!東京都の不健全図書指定について、具体的な改善策を提起する

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月17日 10:06

  10. 10

    東京の大規模接種 不具合で期間外の予約受け付け 772回の予約は有効に

    ABEMA TIMES

    05月17日 20:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。