記事

2020年11月1日

大阪都構想が否決された。市民の方々の意思がきっちりと示されたのだ。それを受けた松井市長、吉村知事の記者会見での発言は、言い訳など一言もない、まさに潔いものであった。

市民の方の直接投票による選択は、民主主義の最たるものと言えるもので、その結果は最大限の尊重がなされるべき。良し悪しをいう余地はない。

ただ、100年に一度あるかないかの大きな機会が当面失われたことは事実で、日本再生の大改革に取り組まなければならない時期にブレーキがかかってしまったエポックメーキングな出来事であったと、数十年後に語られることになるかもしれない。

都構想を応援した私たちの力不足が残念でならない。

あわせて読みたい

「大阪都構想」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。