記事

根本的に間違っている就活と就職支援

情報入手が容易になり、選択肢が増えた時代の正しい就職活動とは。

いくつかの選択肢に対して、勘に頼っていい加減に選んだ結果と、吟味を重ねて選んだ結果は、どちらが正しくなるだろうか。選ぶのに必要な情報がモレなく揃っており、それを処理・判断する能力があり、得た情報がその後も変わったりしないときには、いい加減に選ぶよりも、吟味を重ねた方が正しい選択となる。

しかし、情報にモレがあったり、それを処理・判断する能力に欠けていたり、その情報が後で変わるようなことがあったりするなら、いくら吟味しても正しく選択することはできない。解くために必要な知識を持たない問題が出たら、考えて選択しても、鉛筆を転がしても結果は似たようなものになるのと同じである。

悪いことに、吟味にかけた時間や労力が大きければ大きいほど、選択を間違ったことに対する後悔が大きくなる。鉛筆を転がして決めた場合よりも、真面目に考えて決めた場合のほうが、「正解できたかもしれないのに・・・」と考えてしまう。鉛筆を転がして決めたのなら、間違っても仕方ないと割り切るしかない。

選択肢を増やすと、余計にこの傾向が強まる。選択肢が増えれば増えるほど必要な情報も増えていき、処理・判断する能力が求められるので、正解する可能性は低くなる。選択肢が少なければ正解できたのに、目移りしたり、迷っている間に時間がなくなったりして、間違うようなことも起こる。後で選択を悔やむ可能性も高まる。だから、選択肢が多い状況も潤沢に情報があることも、幸せとは言えない。

新卒の就職活動では、「出来る限り沢山の情報を収集し、積極的に会社訪問などを行い、自分の適性も見極めた上で、“いい会社”を選択しよう。」という考えが支配的だ。大学も活動量を増やしなさいと指導するし、とにかく多くの会社にエントリーしようとする学生も多い。一見マトモで、そのような姿勢の方が適切な選択をできるように思われる。

しかし、現実は逆だ。昔に比べて、はるかに熱心に会社選びをしているのだから、昔より間違いのない選択ができるように思われるが、例えば、入社3年以内に退社する割合が、鉛筆転がしのような会社選びをしていた頃に比べて10%程度増えているように、ミスマッチが問題となっている。

会社に関する情報は、社長や広報とリアルに会話を重ねているアナリストでさえ、その入手も判断も難しい。また会社は、いくらでも変化をし続ける。だから、就職に当たって会社を吟味しているつもりでも、実際にはかなりの情報不足で、それも相当に不確かな情報をもとに判断するのだから、結果は、いい加減な選択と同じようになるのは当然だ。情報にモレがあったり、得た情報を処理・判断する能力に欠けていたり、その情報が後で変わるようなことがあったりするなら、吟味しても正しい選択はできないのである。

就職を支援しているキャリアセンターでも学生に対して「企業研究や情報収集をしなさい」「活動量を増やしなさい」「就職サイトに登録し、どんどんエントリーしなさい」と指導しているし、選択肢を沢山作って、情報をしっかり入手・検討することが、よい選択につながると思い込んでいるようだが、それは逆効果である。また、そうやってパワーをかけさせるから、後悔が大きくなってしまう。

昔は、三択問題を出されて(理系では選択肢は1つだったりした)、その選択についてOBや教授がこれを選べと盛んに介入してきて、最後は“えいや!”で選んだ(選ばされた)が、ミスマッチは大した問題にならなかったし、仮にあとで間違ったか?と感じても、仕方ないと割り切って頑張れた。

就職サイトによって情報や選択肢が爆発的に増えたのは、学生にとって良いことのように見えたし、だから、大学の就職支援はそれに乗っかるように、沢山の選択肢を見比べ、情報収集を行い、十分に吟味することを盛んに勧めている。しかし結果として、学生生活に支障を来たし会社の選択においては迷い、間違い、後悔する学生が増えているのは皮肉な結果だ。

情報過多の時代における就職支援は、どんな会社からも内定をもらえるような一部の学生を除けば、いかに選択肢を狭めてあげられるかにかかっている。内定が取れない学生に対しても、数を打ちゃ当たるというような指導をするのではなく、選択肢を絞り込んで集中させるほうが良いに決まっている。

あわせて読みたい

「就職活動」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    立憲民主党はPCR万能主義がいまだにコロナ対策の中心 この政党に日本を任せるな

    中村ゆきつぐ

    06月16日 08:08

  2. 2

    70代の死亡者も1年間で1万人に1人。コロナは「国家的危機」ではない。

    青山まさゆき

    06月16日 15:40

  3. 3

    記念撮影にも呼ばれず……G7で相手にされなかった韓国・文在寅大統領

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:25

  4. 4

    世帯視聴率から個人視聴率重視へ テレビ界の大変革でお笑い番組は増加したか

    松田健次

    06月16日 08:05

  5. 5

    盛り上がらない政治家のための政治

    ヒロ

    06月16日 10:47

  6. 6

    朝日新聞が月ぎめ4400円に 27年ぶりの購読料値上げは吉と出るか、凶と出るか 

    木村正人

    06月15日 18:26

  7. 7

    初の深夜国会 一部野党の先延ばし戦術が現行ルールでは合理的になってしまう問題

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月16日 08:38

  8. 8

    論破王ひろゆき「超リア充のインフルエンサーもSNS投稿しないときはカップ麺をすすってる」

    PRESIDENT Online

    06月16日 11:52

  9. 9

    成立することのない内閣不信任案 議員が多くの時間を費やすことは本当に無駄

    大串正樹

    06月16日 09:13

  10. 10

    なぜ日本のテレワークは効率が悪いのか?

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月16日 09:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。