記事

今必要なのは冷静な議論~ジュリスト・個人情報保護法改正特集より

1/2

ここのところ法改正特集が続くジュリストだが、今月発売号は「2020年個人情報保護法改正」の特集だった。

ジュリスト 2020年 11 月号 [雑誌]

ジュリスト 2020年 11 月号 [雑誌]

  • 発売日: 2020/10/24
  • メディア: 雑誌



2015年改正で一息ついたと思ったのもつかの間、海の向こうでGDPRやらCCPAやらその他もろもろの個人情報保護法制強化の動きがあり、それに煽られるようにより複雑な法規制に向かって歩みを進めた結果生まれたのがこの2020年改正、というのが自分の理解で、ちょうどコロナのバタバタの中の通常国会で審議されていたものだから、成立した時点では比較的反響は薄かったものの、いざ説明会等が始まるとあちこちで「よー分からん」という声があふれているのが今の状況だと自分は思っている。

で、そんな中出たのが今回の特集だったわけだが、自分がとても良いな、と思ったのは、掲載された論稿に共通する”冷静さ”。

冒頭に掲載された藤原靜雄=宍戸常寿「2020年個人情報保護法改正の背景と今後」*1では、堀部政男初代個人情報保護委員会委員長*2の系譜を継承する藤原教授が、この5年間の動きだけでなく、これまでの個人情報保護法の形成過程まで振り返って、随所にバランスの良いコメントをされている。

中でも「そうだよなぁ・・・」と感じさせられたのは、個人情報保護法がどんどん複雑さを増している印象も受ける、という宍戸教授の問いかけに藤原教授が答えた以下のくだりだろうか。

「個人情報に当たればこの法律の規律に服する。しかしながら、経済活動、社会生活の関係上、全ての個人情報の扱いに等しい規律をかけるわけにはいかないから、最初に立法した時から難しい判断があって、個人情報、個人データ、保有個人データと規律の網の範囲を区別した。当初から、国民は、個人情報も個人データも通常は区別していないという批判を受けているわけです。近時では、利用の側面がぐっと出てきて、匿名加工、仮名加工という類型が入った。その結果、より複雑なものになっている。」

「Cookie情報や位置情報というのは、そもそも諸外国でも個人情報に当たるかどうかという議論があるわけですが、我が国では、ここを利用の実態に鑑みて、「これは個人情報だ」と言ってしまうわけにもいかないし、しかしながら保護もしなければいけないという、その両にらみで定義を作っていくという方向をとっている。すると、このように、その時々の状況を踏まえてはいるが、複雑なものになるのかなという感じはしています。」(22頁、強調筆者、以下同じ。)

淡々と述べられてはいるが、両方向から飛んで来る矢を交わしながら法律の規定にしていかなければならない、という苦悩がここに滲み出ているような気がして、いろいろと考えさせられるところは多かった。

これは我が国に限らないのかもしれないが、この種の議論をするときに非常に不幸なことだと思うのは、今の技術の下では特定の個人に結び付けて活用することが極めて難しいような情報にまで「個人情報」として網を賭けられようとしている風潮であり、氏名をフィクションにした時点でもはや「個人に結び付く情報」でもなければ、統計的に処理する以上の用途で活用するのも厳しい、という情報であるにもかかわらず、当の事業者自身があたかもそれを財産的価値のある”ビッグデータ”であるかのように喧伝しているがために、より警戒心を持って受け止められ、統計情報として活用することすらままならなくなっている、という現状だったりする。

本来なら、情報主体にとって脅威になり得るかどうか、という実質的観点から判断すべき問題を、個人と”紐付けしうる”かどうか、という抽象的な観点からとらえようとする発想にも問題がないわけではないが、自分はこの点に関しては、「情報」の価値を過大に喧伝する事業者や一部の”ビッグデータ推し有識者”の方により問題があると思っていて、結果的に、そうでなくても進んでいなかった「ビッグデータ活用」の進化スピードがより鈍ることになり、この4~5年の間に未だに微々たる成果しか出せていない、ということは猛省されるべきではないかと思っているところである。

バランスを取って「仮名加工情報」という概念を導入することで、企業内で少しでも使いやすくした、という関係者の尽力には頭が下がるというほかないが、そもそも5年前に「匿名加工情報」のエキセントリックな規律が導入されなければこんな苦労もしなくてよかったはずだから、ちょっともったいない時間だったと思わずにはいられない。

あわせて読みたい

「個人情報保護法」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  3. 3

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  6. 6

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  7. 7

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  8. 8

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  9. 9

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

  10. 10

    マスク拒否めぐる米の悲惨な歴史

    ビッグイシュー・オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。