記事
  • S-MAX

秋吉 健のArcaic Singularity:iPhone 12 miniは「真の多様性」を切り開く!大画面化や重量化の先に見つけたニーズの変化を考える【コラム】

1/2


iPhone 12 miniの存在価値について考えてみた!

例年よりも若干遅れたものの、今年も新しい「iPhone」が10月23日に発売されました。同日に発売されたiPhoneはスタンダードモデル「iPhone 12」および上位モデル「iPhone 12 Pro」の2機種です。

本コラムをお読みになる読者の方々でiPhone 12シリーズの詳細を知らない人などもはや存在しないとすら思えますが、さらに11月16日には小型モデル「iPhone 12 mini」および大型モデル「iPhone 12 Pro Max」の発売が予定されています。

デザイン面でのフルリニューアルや5G対応など、さまざまな点で注目を集めるiPhone 12シリーズですが、筆者が最も注目したのはiPhone 12 miniの存在です。海外のルーモア(噂)サイトやリーク情報などからある程度の予想は立っていたとは言え、実際に製品が発表され詳細が判明するに従い、その驚きは増すばかりです。

iPhone 12 miniは何が革新的であり、何が驚きのポイントだったのでしょうか。そしてiPhone 12 miniの登場はiPhoneシリーズや、ひいては他社のスマートフォン(スマホ)を含めたモバイル業界にどのような変化を与えるのでしょうか。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はiPhone 12 miniの存在意義とその可能性について考察します。


iPhone 12 miniはスマホの常識を変えるかも知れない?

■人々に求められていたiPhone 12 mini

はじめに、日本や世界でのiPhone 12 miniに対する反応を見てみましょう。

MMD研究所が10月22日に発表した「iPhone 12シリーズに関する購入意向調査」によると、iPhone 12シリーズを「購入したい」もしくは「購入を検討している」と答えた人の合計は、iPhoneユーザーで45.6%、Androidユーザーで16.0%となりました。

これらの中で、さらにどの機種を購入したいか(購入を検討しているか)という設問では、iPhone 12と答えた人がiPhoneユーザー/Androidユーザーともに7割以上と最多だったのに対し、第2位にはiPhone 12 miniが続いており、iPhoneユーザーで45.0%、Androidユーザーで36.4%となりました。


iPhoneユーザーとAndroidユーザーで好みの傾向があまり変わらないことも分かる

この傾向は海外でもあまり変わりません。むしろ小型端末に対する期待はより大きく、iPhone 12シリーズが発表される前である9月8日に公開された米SellCellによる購入意識調査の結果によれば、好ましいディスプレイサイズとしてiPhone 12 miniに採用された5.4インチを挙げる人が53.9%と圧倒的に多く、さらに購入を検討している機種についてもiPhone 12 mini(当時はiPhone 12という名称だと予想されていた)を挙げる人が44%で、他のモデルを圧倒していました。


製品発表前の期待値という点で誤差はあるものの、iPhone 12 miniが当時から期待されていたのは間違いないだろう

例えばこれが、単に価格的な期待値であったとするならiPhone 12 miniの人気ぶりに筆者が驚く理由はありません。人々が生活の道具であるスマホに対し「安いほど良い」と考えるのは当然だからです。

しかし、米国での調査からも分かるように、人々は単に価格のみを評価しているわけではないのです。そのディスプレイサイズについて「丁度良い」と感じている人が大半であり、一方で6.1インチのiPhone 12(調査時点ではiPhone 12 Maxと呼ばれていた)やiPhone 12 Proを選択した人は、合計でも6.7インチのiPhone 12 Pro Max以下のわずか19.1%しかいないという結果になっている点は、強く着目すべき点です。

これらの調査結果は、これまでひたすらに巨大化・肥大化を続けてきたスマホのディスプレイ論争に一石を投じるものであると筆者は考えます。

■大きく、重くなりすぎたスマホ

かつてのフィーチャーフォン時代より、人々は「より大きく、より美しい」ディスプレイを求めてきました。メーカーはその要望に応えるようにひたすらディスプレイの大型化を目指し、搭載できるギリギリの大きさを競い合ってきたのです。

スマホの画面が5インチを超えてきた時期は意外と早く、筆者の記憶では2010年に発売されたシャープ製「IS01」や「LYNX SH-10B」、DELL製の「Dell Streak 001DL」などがあります。

しかし当時はまだまだ3インチ台のディスプレイが主流であり(2010年発売のiPhone 4は3.5インチ)、「5インチは大きすぎる」、「片手で扱いきれない」と大不評で、あまり売れませんでした。


シャープ製「LYNX SH-10B」。5インチ台のスマホは主にキーボード付きの横向き利用がメインで、片手で扱う縦持ちスマホには不向きとされる時代だった

しかし、その後のスマホの大画面化はみなさんもよく知るところです。通信技術と通信速度の向上、そして端末技術の進化はスマホを写真や動画の視聴端末として発展させ、人々はより大きく美しい画面でそれらを観たいと願うようになります。

スマホの大画面化の流れは主に海外で先行し、日本はむしろ後発だったことも印象的です。欧米人に対し比較的体格や手が小さく、さらに多機能なフィーチャーフォンである「ガラケー」文化が発展していた日本人にとって「片手で扱えるかどうか」は大きな購入理由でもあったため、横幅の大きなスマホは長い間敬遠されがちだったのです。

それでも人々は徐々に大きなディスプレイに慣れていき、2012年には4インチ代後半が主流となり、2013~2014年頃には5インチ台へ、そして現在は6インチ台すらも当たり前となっています。


2018年に発売され人気を博したソニー製「Xperia XZ3」。6インチ画面を搭載する大型のスマホだ

あわせて読みたい

「iPhone」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  2. 2

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  3. 3

    朝日新聞170億円赤字 社長退任へ

    BLOGOS編集部

  4. 4

    眞子さま結婚に浮かぶ若者の苦悩

    木村正人

  5. 5

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    西村大臣「リスク低くても制約」

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    よしのり氏が秋篠宮さまを擁護

    小林よしのり

  8. 8

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  9. 9

    揺れる電通 社訓・鬼十則刷新か

    文春オンライン

  10. 10

    コロナ自殺を増さぬよう経済回せ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。