記事

空気の質と電気代を考えると「暖房はエアコンがベスト」である理由

1/2

冬の暖房器具はなにを選ぶべきか。ジャーナリストの笹井恵里子氏は「仕事のパフォーマンスを高めるためには、定期的に空気をきれいにすることが大切。一番空気を汚してしまうのが、石油ストーブなどの開放型燃料器具で、早稲田大学の田辺新一教授は『室内で石油ストーブは、欧米ではあり得ない話』と断言しています」という――。

※本稿は、笹井恵里子『室温を2度上げると健康寿命は4歳のびる』(光文社新書)の一部を再編集したものです。

女性は背中に痛みを感じている
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/PixelsEffect

換気をしないと、仕事の効率も成績も落ちる

オフィスの換気にまつわるクイズです。

換気をしすぎると暖冷房のコストがかかります。暖冷房を優先しすぎると空気の質が悪くなり、健康被害(アレルギー症状など)につながります。どれくらいの頻度であれば、コストと健康のバランスのよい適切な換気ができるでしょうか。
①10時間に1回

②1時間に1回

③1時間に2回

④2時間に1回

まずは図表1を見てください。村上周三氏による調査で、20~40代の社会人を換気量が小さい部屋と大きい部屋に分け、論理系、暗記系のテストをしたものです。この調査によると、なんと「換気量(大)」のほうがすべての項目において5~9%も成績がよかったのです。

換気量を大きくすると学習効率がアップする

「対象者は一級建築士の資格試験受講者、いわゆる勉学に対するモチベーションが非常に高い社会人のため、学習意欲の有無が測定結果に与える影響は小さいでしょう。また、受講者には室内の環境条件を調整していることを知らせず、先入観による影響を極力排除しました」

にもかかわらず、「換気量(小)」の条件から「換気量(大)」にすることで、点数にすると論理系科目では4.7点、暗記系科目Ⅰでは6.4点も向上したのです。

すし詰め状態で会議を行うと眠くなるのがいい例

基本的に、外よりも室内のほうが空気は汚れています。人間がその“汚染源”で、その空気が滞留するために起こります。代表的な空気の汚れは二酸化炭素。特に人数が多いと二酸化炭素濃度は短時間で推奨濃度レベル(800~1500ppm)を上回りやすく、空気の質を低下させます。すし詰め状態で会議を行うと眠くなるのがいい例でしょう。

仕事パフォーマンスを高める点でも定期的に空気をきれいにすることが大切なのですが、今年は新型コロナウイルス感染症の感染防止対策としても「換気」に注目が集まりました。しかし、換気をしすぎれば、冷暖房のコストがかかってしまいます。どの程度の換気を行うとよいのでしょうか。

換気量に応じた暖冷房費用と室内空気汚染を比較すると…

村上周三氏、伊香賀俊治教授らは戸建て住宅を対象に、1時間に換気した量に応じた、暖冷房費用と室内空気汚染を比較しています。たとえば図表2の「0.1」は1時間で室内の10分の1の空気を入れ替える、つまり10時間かけてようやく室内の空気が1回入れ替わるということです。

換気はどれくらい行えばいいのか(東京、次世代断熱基準の戸建住宅を対象にした)

この換気量だと、暖冷房のコストは抑えられるものの室内の汚染濃度は高くなってしまいます。クイズの問いにあった「コスト」と「健康」を総合的に考えると、換気回数が1時間に0.5回、つまり2時間に1回、部屋の空気をすべて入れ替えるのが最も効率的という結果でした。したがってクイズの答えは④になります。

とはいえ、これまで述べてきたようにオフィスであれば基本的に1時間に1回、すべての空気が交換されるような仕組みになっていますし、住宅でも2時間に1回は室内の空気が入れ替わります。自宅に24時間換気システムがない場合は、浴室の換気扇を24時間つけっぱなしにしておけば1時間0.5回換気に近づき、部屋の空気が少しずつ入れ替わることも紹介しました。浴室の換気扇もない場合は、1時間に1回5分程度、窓を開けて風を通すといいでしょう。

空気が悪いと「脳内の疲労に差が出る」

注意点として、室内の空気の質は「換気」と「空気を汚す発生源」のバランスにもよるのです。換気量を上回るほど発生源から汚染物質が出れば、当然ながら室内の空気は汚れてしまいます。

たとえばオフィスでは1時間に1回、空気が交換される仕組みと述べましたが、人の多いオフィスであれば、「1時間に2回程度の換気が必要」と、早稲田大学創造理工学部の田辺新一教授が指摘します。

「我々が『知的生産性と疲労度』に関する研究を行うと、空気がよどんでいたり、高温環境下での作業は、脳内酸素消費量が多くなる。そして疲労感が増すことがわかったのです」

成人の場合、たとえ室内が高温や空気の新鮮度などが低下した劣悪な環境でも、本人が普段以上の努力をすると作業成績の低下が認められないことがあります。しかしその代償として、同じ作業を行ってもそのような環境では脳内酸素消費量が多くなる、つまり「脳内の疲労に差が出る」というから驚きです。

あわせて読みたい

「エアコン」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  2. 2

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    堀江氏「桜疑惑は些末な問題」

    ABEMA TIMES

  5. 5

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  6. 6

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  7. 7

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  8. 8

    菅首相の会見「無に等しい内容」

    大串博志

  9. 9

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  10. 10

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。