記事

《現場写真》コロナの今年も、渋谷ハロウィーンは“鬼滅コスプレ”に人だかり 若者直撃ルポ 「なぜコロナ禍でも繰り出すの?」 - 「文春オンライン」特集班

 今年もハロウィーンがやってきた。毎年、多くの仮装した若者らで大混乱する東京・渋谷だが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大やクラスターの発生が懸念され、区が来訪の“自粛”を呼びかけていた。

【画像】コスプレ女子に抱きつく悪ノリの男性も

 スマートフォンの専用アプリに登録すると参加できる仮想空間「バーチャル渋谷」などで実際には街に来ないように、区もあれこれと策を講じていた。仮装してやって来る若者は例年より激減するはず……だった。


警察官とバニーガールのコスプレに着替えた女性たち ©文藝春秋

 実際、午後7時、取材班が渋谷のスクランブル交差点を訪れてみると、人の数は多かったが、仮装した若者はまばらだった。むしろ、厳戒態勢とも言える大勢の警官の姿が目立った。

 昨年のハロウィーンの時よりも警察官の数は明らかに増えている。さらに例年、区が設置している仮設トイレや着替えスペースは、今年は設けられていなかった。駅前には「HOME HALLOWEEN」や「今年のハロウィーンは、外出自粛モードで安全に!」などと書かれた看板や旗が提示されていた。

 しかし、夜が深まってくるにつれて、仮装した若者の姿が多くなってきた。外出自粛が呼びかけられていたなかで、彼らはそれでもやってきた。その理由を聞くと、「鬼滅の刃」のキャラクター・イノシシ頭の「伊之助」の仮装をした25歳男性会社員はこう答えた。

「コロナでストレスが溜まっていたので、遊びに来ました。渋谷に着いて10分ぐらいの間に、何人にも声をかけられたので、とても楽しいです」

「私服もコスプレも、コロナ感染リスクは同じ」

 男性は満足そうだ。また、「鬼滅の刃」の主人公である「炭治郎」の仮装をした30代男性は、

「渋谷にコスプレで来るかどうか迷ったのですが、私服で行くのも、コスプレで行くのも、コロナに感染するリスクは同じですから。でも、思ったより人はいませんね」

 と少し残念そうに答えた。毎年、渋谷のハロウィーンにやってくるという20代飲食店店員は「今回は去年の3分の1ぐらいの人の数」だという。しかし、それでも渋谷のセンター街には独特の熱気が漂っていた。

 こちらはマンガ「銀魂」の恰好をする男性2人に声をかけられているコスプレ女性。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

あわせて読みたい

「ハロウィン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  2. 2

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  3. 3

    朝日新聞170億円赤字 社長退任へ

    BLOGOS編集部

  4. 4

    眞子さま結婚に浮かぶ若者の苦悩

    木村正人

  5. 5

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    西村大臣「リスク低くても制約」

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  8. 8

    よしのり氏が秋篠宮さまを擁護

    小林よしのり

  9. 9

    コロナ自殺を増さぬよう経済回せ

    永江一石

  10. 10

    揺れる電通 社訓・鬼十則刷新か

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。