記事
  • ロイター

米コロナ追加対策、来年初旬に検討=共和マコネル氏


[ワシントン 30日 ロイター] - 米上院共和党トップのマコネル院内総務は30日、いかなる追加の新型コロナウイルス経済対策も2021年初旬に検討されるべきとの考えを示した。これにより来週の大統領選前の実現の可能性はほぼ完全になくなった。

マコネル氏はラジオ番組で、「来年初旬の必要がある。苦境に陥っている中小企業、および感染拡大第2波に対応している病院に特に焦点を絞る」と述べた。

その上で「追加策を実施する必要はある」としながらも、5月中旬に承認された3兆ドルの支援策より「控えめ」なものであるべきとの見解を示した。

一方、民主党のペロシ下院議長はMSNBCとのインタビューで、「確かに新大統領就任時には何かあるだろうが、国民は必要性を迫られており、それほど長く待つことを望まない」と述べた。

11月3日の大統領選の勝者は来年1月20日の就任式で宣誓し、次期大統領に就任する。

*情報を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  2. 2

    中国に反論せず 茂木外相の失態

    WEDGE Infinity

  3. 3

    眞子さま結婚に浮かぶ若者の苦悩

    木村正人

  4. 4

    セルフレジが「改悪」になるお店

    内藤忍

  5. 5

    感染増の地域 知事がTV映え優先

    山内康一

  6. 6

    歴史に残る読売の安倍氏スクープ

    文春オンライン

  7. 7

    バラマキ予算作成が最優先の怪

    鈴木しんじ

  8. 8

    大塚久美子氏が辞任 戦略に矛盾

    東京商工リサーチ(TSR)

  9. 9

    上野千鶴子氏がフェミになった訳

    PRESIDENT Online

  10. 10

    小林麻耶の降板番組 3月末で終了

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。