記事
  • ロイター

米コロナ追加対策、来年初旬に検討=共和マコネル氏


[ワシントン 30日 ロイター] - 米上院共和党トップのマコネル院内総務は30日、いかなる追加の新型コロナウイルス経済対策も2021年初旬に検討されるべきとの考えを示した。これにより来週の大統領選前の実現の可能性はほぼ完全になくなった。

マコネル氏はラジオ番組で、「来年初旬の必要がある。苦境に陥っている中小企業、および感染拡大第2波に対応している病院に特に焦点を絞る」と述べた。

その上で「追加策を実施する必要はある」としながらも、5月中旬に承認された3兆ドルの支援策より「控えめ」なものであるべきとの見解を示した。

一方、民主党のペロシ下院議長はMSNBCとのインタビューで、「確かに新大統領就任時には何かあるだろうが、国民は必要性を迫られており、それほど長く待つことを望まない」と述べた。

11月3日の大統領選の勝者は来年1月20日の就任式で宣誓し、次期大統領に就任する。

*情報を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    石破氏 コロナ報道に強い違和感

    石破茂

  2. 2

    雇用保険を否定? 厚労省の暴言

    田中龍作

  3. 3

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  4. 4

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  5. 5

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

  6. 6

    京都市財政難 寺社の協力不可欠

    川北英隆

  7. 7

    極限の克行氏 真相供述で逆転か

    郷原信郎

  8. 8

    伊藤忠変えた利益追求のカリスマ

    ヒロ

  9. 9

    不安煽るワクチン報道に医師呆れ

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    なぜ国会議員は居眠りするのか

    千正康裕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。