記事
  • ロイター

ECB、次回理事会で追加策の用意 副作用にも留意=メルシュ氏


[フランクフルト 30日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のメルシュ専務理事は30日、ECBは次回12月の理事会で追加経済刺激策について決定する用意があるが、副作用についても精査する必要があるとの認識を示した。

12月10日の理事会ではあらゆる手段が検討され得るとし、パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)を含めてこれらの措置の柔軟性について協議すると述べた。

その一方、実体経済を支える上で財政政策は依然として最も重要な手段と指摘し、企業に直接信用を供与することはECBの仕事ではないと指摘した。

メルシュ氏は12月に退任する。

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  3. 3

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  4. 4

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  5. 5

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  6. 6

    急速に進みだした日本企業のM&A

    ヒロ

  7. 7

    ユニクロ+J高額転売でも売れる訳

    南充浩

  8. 8

    日本沈没ドラマ化に思わぬ批判

    女性自身

  9. 9

    昭恵氏 学園理事と親密ショット

    NEWSポストセブン

  10. 10

    相次ぐ遅刻 憲法を軽んじる自民

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。