記事

『鬼滅の刃』描く“優しい世界”、ストレス社会の大人癒した

興行収入107億円を突破した『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(写真/共同通信社)

 もはや社会現象とも言える記録的ヒットとなったアニメ映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』。10月16日の公開初日から10日間の興行収入は107億円を超え、観客動員数も798万人を突破。歴代の興行収入ランキング1位に君臨し続けてきた『千と千尋の神隠し』(2001年)は、公開から25日間で100億円を突破したことを考えると、異例の事態とも言える人気ぶりだ。映画や演劇などに詳しいライターの折田侑駿さんが、ヒットの理由を考察する。

 * * *

 公開2週目にして興行収入100億円を突破し、文字通り「鬼映画」となった『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』。口コミなどでも、「初めてでも楽しめた」、「バトルに感動するアニメは初めて」、「ハンカチとティッシュが必須」という “歓喜の声”で溢れている。本作で『鬼滅の刃』を初めて見た人も多くいたようだが、なぜここまでの広がりをみせるのか。

 今作は、吾峠呼世晴(31才)による人気コミックス『鬼滅の刃』(集英社)をアニメ化したものの劇場版。大正時代を舞台に、人喰い鬼に家族を惨殺されてしまった少年・竈門炭治郎が、唯一生き残ったものの鬼化してしまった妹・禰豆子を人間に戻すため、鬼狩りの旅に出る物語だ。「週刊少年ジャンプ」での連載は既に終了しているが、最新刊である22巻の時点で累計発行部数は1億部超え。日本人なら誰も知っている漫画『ドラゴンボール』や『SLAM DUNK』、『ONE PIECE』などに続くメガヒット作なのである。

 だが、『鬼滅の刃』がここまで社会現象化したのはアニメ化されてからのこと。2019年4月から9月までテレビ放送された「竈門炭治郎 立志編」は、原作の第1巻から第7巻の冒頭をアニメ化したもの。炭治郎と禰豆子の兄妹愛や、個性的な仲間たちとの友情、鬼たちとの手に汗握る戦いなどが視聴者の支持を集め、いまや子供から大人まで幅広い世代がハマる国民的アニメ作品となった。

 そんな作品の劇場版だが、先述したように、“一見さん”もちらほらいるようだ。今作は原作コミックの第7巻から第8巻の中盤あたりまでをアニメ化したもの。つまりテレビアニメ版の“続編”にあたる。筆者自身は「劇場版の前に、せめてアニメ版を見ておくべきだ」と思っていたが、実際に映画を観てみると考えが変わった。物語導入部の展開が非常にスマートなのだ。

 例えば、国民的人気アニメ『名探偵コナン』の劇場版(1997年~)は、冒頭で必ず主人公のナレーションによって作品の設定の説明があるし、漫画を実写化した『HiGH&LOW THE MOVIE』シリーズ(2016年~)のように登場人物が多く設定も複雑な作品では、やはり冒頭でナレーションによる説明がある。これがあることによって、始めて見る人も違和感なく楽しめるのだ。

 だが、今作はそういったものが一切ない。状況説明やキャラクターの説明がないまま映画が始まるものの、炭治郎たちのセリフのやり取りだけで、各キャラクターの性格や関係性、さらには置かれている状況までも観客に掴ませるつくりとなっている。もちろん、この大ブームの大部分を支えているのは熱狂的なファンのはずだが、ブームに乗って初めて『鬼滅の刃』に触れた人が満足できたことも、この社会現象の一因だっただろう。

 物語の内容にもヒットの理由がある。それは今作が、悪役を“単なる悪役”として終わらせない物語である点だ。これまでのアニメ映画は、子供が見ても楽しめるよう物語の展開を分かりやすくするため、悪は悪、正義は正義、という対立の構図がほとんどだった。だが今作は、登場する鬼(=悪役)の苦しみや悲しみに寄り添い、認める優しさが表現されている。家族を惨殺されたにもかかわらず、「鬼もかつては同じ人間だった」と口にする炭治郎からは、物事の本質(本当の悪は何か)を見極め、他者を受け入れる優しさと強さが表現されているように思う。

 ストレス社会で心をすり減らし、気付けば精神を病む人が増えている昨今、この作品のそうした“優しい世界”が疲れた大人を癒した側面もあったのではないだろうか。また、現代は「多様性」が求められる時代。「他者を受け入れる」というメッセージは、時代性にマッチした作品とも言える。作品を見た多くの人が、炭治郎のように自分の正義を押し付けず、 相手の立場に立って物事を見ることの出来る強く優しい人間になりたい、そう思ったのではないだろうか。

【折田侑駿】

文筆家。1990年生まれ。映画や演劇、俳優、文学、服飾、酒場など幅広くカバーし、映画の劇場パンフレットに多数寄稿のほか、映画トーク番組「活弁シネマ倶楽部」ではMCを務めている。

あわせて読みたい

「鬼滅の刃」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  3. 3

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  4. 4

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  5. 5

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  6. 6

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  7. 7

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  8. 8

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  9. 9

    ユニクロ+J高額転売でも売れる訳

    南充浩

  10. 10

    GoTo自粛要請「後手後手の極み」

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。