記事
  • ロイター

JAL、余剰人員を外部に一時派遣・出向、KDDI受け入れ検討


[東京 30日 ロイター] - 日本航空(JAL)<9201.T>は30日、新型コロナウイルスの影響で大幅減便を余儀なくされた4月以降、希望する社員に対し、外部で働く機会を増やしていると明らかにした。雇用を維持しつつ、需要回復時には社員を職場に戻す態勢とし、コロナの収束に備える。候補として打診を受けたKDDI<9433.T>は、受け入れを検討していると明らかにした。

JALの植田英嗣常務執行役員は同日の決算会見で、受け入れ先の個別企業名については回答を控えたが、「社員の能力と受け入れ先の要望がマッチングするものを進めている。10月時点で(最大)500名くらいが社外で活躍している」と述べた。

派遣・出向・業務委託の形で、現在は10以上の企業や官公庁などが受け入れており、期間は数日・数カ月単位、最長2年までと複数のケースがある。外部で働く社員はグループ全体で最大約500人に上る日もあるという。

KDDIは同日、JALと全日本空輸などを傘下に持つANAホールディングス<9202.T>からの社員受け入れを検討していることを明らかにした。

KDDIの広報によると、JALとANAから社員受け入れの打診を受けており、受け入れ人数、仕事内容や期間を両社で協議中。KDDIの高橋誠社長が同日の決算会見で「積極的にサポートしたい、ぜひ協力したい」と前向きに受け入れを検討していると明かした。

複数の関係者によれば、宅配便大手のヤマトホールディングス<9064.T>も受け入れ先の1つとなっており、空港で手荷物のグランドハンドリング(地上支援)業務を担う社員が派遣されているという。

JAL広報は「人手を必要としている企業などと社員の持つスキルなどをマッチングさせた上でJALグループ社員が社会に貢献し、活躍できる場を提供している」と説明。賃金は原則、受け入れ先が支払うが、普段の賃金水準に満たない場合は所属元のJALやグループ企業が負担するという。

コロナ感染拡大で国際線を中心に旅客需要が急減しており、JALは大幅減便を継続している。仕事ができない余剰人員が発生しているが、同社では社員に休日を取得させる一時帰休を導入していない。希望退職も募っていない。

ANAも、家電量販店のノジマ<7419.T>、高級スーパーの成城石井、鳥取県の企業など約10社に100人、来春には400人以上を出向させる方針を打ち出している。ノジマではコールセンター業務に従事し、成城石井では店舗スタッフとして働く。そのほか、ホテルのコンシェルジュ、企業の受付・事務・企画などの業務に就く予定だ。

(白木真紀、新田裕貴)

あわせて読みたい

「JAL」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  2. 2

    河野氏 憶測のワクチン報道危惧

    河野太郎

  3. 3

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    迫る節電要請 電力自由化は失敗

    PRESIDENT Online

  5. 5

    菅首相のワクチン推奨は逆効果に

    山崎 毅(食の安全と安心)

  6. 6

    ワクチン副反応に「備えできる」

    ABEMA TIMES

  7. 7

    10万円再給付 対象を絞る必要性

    コクバ幸之助

  8. 8

    台湾の自我 中国と関係薄れたか

    ヒロ

  9. 9

    自民議員 病院名の公表に危機感

    船田元

  10. 10

    恣意的な番組作りしたNHKに苦言

    和田政宗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。