記事
  • ロイター

米ウォルマート、火器を店頭から撤去 国内の緊張高まりで


[ニューヨーク 29日 ロイター] - 小売世界最大手の米ウォルマート<WMT.N>は29日、米国内の店頭から火器と弾薬を撤去したと明らかにした。11月3日の大統領選を巡り接戦が予想され、暴力事件が発生することが懸念されるなど、国内で緊張が高まっている事態を受け、従業員と顧客を保護する措置を取ったという。

同社は全米5000店超の店舗の約半分で火器を販売している。店頭から撤去しても、要望に応じて販売するとしている。

同社広報担当者は「個々の暴力事件が発生している。近年行なってきたのと同様、今回も従業員と利用者の安全策として、火器と弾薬を店頭から撤去した」と述べた。ただ、店頭販売再開の日程は未定と付け加えた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    本厚木が1位 住みたい街は本当か

    中川寛子

  2. 2

    桜問題で安倍前首相に再び窮地

    ヒロ

  3. 3

    安倍氏に弁護士「虚構だった?」

    郷原信郎

  4. 4

    バイキングで疑惑報道の社長怒り

    SmartFLASH

  5. 5

    安倍前首相の疑惑「詰んでいる」

    ABEMA TIMES

  6. 6

    小林麻耶 実母が海老蔵宅に避難?

    SmartFLASH

  7. 7

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  9. 9

    集団免疫 日本が目指すのは無謀

    ニッセイ基礎研究所

  10. 10

    GoToは75歳の年齢制限を設けよ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。