記事
  • ロイター

米石油・天然ガス会社、ハリケーン多発が業績の重しに


[29日 ロイター] - ハリケーンの影響で操業を停止していた米メキシコ湾岸の石油・天然ガス施設では29日、労働者の職場復帰が始まったが、今年はハリケーンの多発で生産が繰り返し停止されており、エネルギー会社の業績にすでに悪影響が出ている。

米メキシコ湾には今年、名前の付いたハリケーン・熱帯低気圧が8個到来。多くのケースで、労働者の避難や一時的な操業停止を迫られた。

全米海洋産業協会のエリク・ミリト代表は「今年はハリケーンの数が多く、厳しい年となっている」と指摘。米メキシコ湾岸の今年末の石油生産は、年初の水準を日量20万バレル前後下回る可能性が高いとの見方を示した。

今週はハリケーン「ゼータ」の襲来により、メキシコ湾岸の生産が4日間で400万バレル縮小した。1日当たりでは石油生産が最大85%、天然ガス生産が58%停止された。 影響は、パイプラインや陸上の製油施設にも及んでおり、操業が可能な油田・ガス田でも生産が落ち込むケースが見られた。

米メキシコ湾岸の生産は、価格低迷を背景に7月に日量165万バレルに落ち込んでいたが、その後もハリケーンの到来で操業停止を迫られている。

米石油生産のヘス<HES.N>は、第4・四半期の生産が日量2万5000バレル減少すると予想。業績に悪影響が出る見通しだ。第3・四半期も、保守点検作業やハリケーンの到来により生産量が日量1万9000バレル減少していた。

W&Tオフショア<WTI.N>も、第4・四半期の石油・ガス生産がアナリスト予想を下回るとの見通しを示した。ハリケーンの襲来で石油プラットフォームに大きな被害が出たわけではないが、操業停止によりコストが約500万ドル増えたという。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  3. 3

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  6. 6

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  7. 7

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  8. 8

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  9. 9

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  10. 10

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。