記事
  • ロイター

前場の日経平均は続落、見送りムードで調整色を深める展開


[東京 30日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比185円57銭安の2万3146円37銭となり、続落。時間外取引の米株先物が下落していることが嫌気され、軟調な展開となった。

月末と週末が重なっているため見送りムードが強い中、全般的に調整色を深める状態となった。

29日の米国株式市場は反発。決算発表を控えていた主要情報技術(IT)株に買いが入ったほか、米経済指標が堅調だったことで、前日の急落から持ち直した。ただ、時間外取引で米株先物が軟調に推移し、これを受けて日本株は朝方から売り優勢となった。

テクニカル面で、日経平均は前日の安値を下回ったため、チャートの形状が悪化。調整色を深め、地合いが悪化したとの印象を強めている。ファナック<6954.T>、アドバンテスト<6857.T>など好決算銘柄が物色されたものの、全体を支え切れていない。

市場では「翌週には米大統領選挙という大イベントを控えているほか、週末であることから様子見ムードにならざるを得ない」(野村証券・投資情報部投資情報二課の神谷和男氏)との声が聞かれた。

TOPIXは1.29%安で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆0781億0500万円。東証33業種は全業種下落した。

個別では、トヨタ自動車<7203.T>など主力の輸出関連株に値下がりする銘柄が多い。任天堂<7974.T>も軟調だが、ファナックやアドバンテストのほか、パナソニック<6752.T>が堅調となった。

東証1部の騰落数は、値上がりが338銘柄、値下がりが1776銘柄、変わらずが59銘柄だった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  2. 2

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

  3. 3

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  4. 4

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  5. 5

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  6. 6

    検査少ない東京 実際の感染者は

    ktdisk

  7. 7

    ジリ貧の書店 サービス不足原因?

    吉田喜貴

  8. 8

    対案出さない野党「追及で十分」

    PRESIDENT Online

  9. 9

    自民党も評価 公正だった民主党

    非国民通信

  10. 10

    香港民主派の周庭さんら3人収監

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。