記事
  • ロイター

鉱工業生産9月は前月比+4.0%、自動車など増産で4カ月連続増=経産省

[東京 30日 ロイター] - 経済産業省が30日公表した9月の鉱工業生産指数(速報)は91.6と前月比で4.0%上昇し、4カ月連続のプラスとなった。自動車や掘削機械、半導体製造装置などの増産が寄与した。ロイターの事前予測調査では同3.2%上昇と予想されており、これを上回った。2015年基準では、前月比で2番目の大幅な上昇率だった。

もっとも、新型コロナウイルス感染拡大前は約7年間、100前後の水準で推移しており、今年5月に78.7まで落ち込んだコロナショックからの回復は途上にある。

自動車やショベル系掘削機械、半導体製造装置、リチウムイオン電池、半導体メモリーなどの増産が寄与した。「回復が遅れていた生産用機械が回復しているのが特徴」(経産省幹部)。

メーカーの生産計画を基に集計する生産予測調査によると、10月は前月比4.5%上昇の95.7、11月は同1.2%上昇の96.8までの回復が見込まれている。経済産業省は生産の基調判断を「持ち直している」として据え置いた。

ただ、実際には計画は下振れる傾向にあり、これを加味した補正値では9月は92.9程度と経産省は試算している。新型コロナウイルスの内外感染動向が不透明で、「11月は増産しても小幅で、感染症拡大以前の生産水準回復には時間を要する」(経産省幹部)見通し。

9月の在庫指数は97.7と前月比0.3%低下し、6カ月連続で減少した。経産省では「在庫調整局面にあるが、在庫調整は進みつつある」(幹部)とみている。

*内容を追加しました。

(竹本能文 編集:山川薫)

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  3. 3

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  6. 6

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  7. 7

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  8. 8

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  9. 9

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  10. 10

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。