記事

中国株現状・・・

10月のH株騰落率は7.6%でギリシャに次ぎ世界第二位。

騰がっている理由。

1 景気の底打ち感・・・

10月の中国PMIが50.2という結果。2カ月連続で改善し、3カ月ぶりに景況判断の境目である50を上回った。時間をおいて公表されたHSBC算出の10月・中国PMIは49.5となり、速報値(49.1)よりも良い数値。PMIの発表とあわせ、国務院発展研究センターの張立群マクロ経済研究員は「経済は安定的で、景気は底入れした」との認識を示している。資金流入期待も続く。この日も人民元レートが高値水準で推移したほか(中国の為替市場で連日のストップ高)、香港ドル相場も許容変動幅の上限(1米ドル=7.75香港ドル)近辺に張り付いている。 (亜州IR)

2  政治的不確定要素の払拭

11月7日から始まる第18回中国共産党党大会において正式に胡錦濤体制から習近平体制へのバトンタッチが承認される見通し。一時、次期主席と目されている習近平の姿が表舞台から消えたことでスムーズな政権譲渡が難しいのでは・・との憶測を呼んだが、党大会が開催されるとその問題も一気に払拭される。

3  相次ぐ、金融緩和と景気刺激策。

2011年から続いた、金融引き締め政策により中国政府が一番恐れていた極度のインフレを回避、また同時に不動産バブルの目も何とか上手く摘んできた。さすがに景気の減速が目に見えてハッキリと現れてきた為、中国政府も融資の緩和や各種景気対策を打ち出してきた。
更に党大会を経て、具体的な景気対策が発表されることへの期待感が高まる。

2と3は正に「ニュースで買って事実で売れ」的要因、実際に党大会を無事終了すれば、材料出尽くしとなり、利益確定の口実となる。
という事で、注意すべきは1が本物かどうか?

ただ、これについては、先日の日記「分母が小さければそれなりに・・・」の通り、売り上げや利益を比べる2011年4Q2012年1Qの数字が極めて悪い為、少しの改善でも「おー!!」という歓声が上がる可能性がある。

対応的には、やはり政策恩恵銘柄が強い。
鉄道インフラ関係、エネルギー関係、エネルギー備蓄関係、新エネルギー関係、環境、水利関係、家電・自動車(下郷)関係、通信インフラ、光ファイバー関係、LED関係、習近平女好き関連など・・

あわせて読みたい

「中国株」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    質疑から逃げた立民は論外だが、自民党も改憲やる気なし。不誠実な憲法審査会の結末

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月07日 10:21

  2. 2

    病床ひっ迫で入院厳しく…「来た時点で肺が真っ白」 大阪の医師が警鐘「第3波以前とは全く別の病気という印象」

    ABEMA TIMES

    05月07日 08:12

  3. 3

    格差問題の必然性

    ヒロ

    05月07日 11:19

  4. 4

    「コカ・コーラは永久不滅!」雅楽師の東儀秀樹が深い”コーラ愛”を語る

    ふかぼりメメント

    05月08日 00:00

  5. 5

    出口治明さんが語る「35年ローン」で家を買ってはいけない理由

    幻冬舎plus

    05月07日 09:04

  6. 6

    「日本を食い物にする」無責任IOCに批判殺到…世界からも続々

    女性自身

    05月07日 13:46

  7. 7

    総選挙前に自民党総裁選? 安倍晋三元首相が再登板の可能性

    内田樹

    05月07日 14:46

  8. 8

    「首相も都知事もリアルな社会人の生活を理解してない」 "間引き運転"で露呈した政治家たちの「わかってない」感

    キャリコネニュース

    05月07日 09:14

  9. 9

    朝ごはんの器で1日が変わる コロナ禍で“食”を見つめ直すきっかけに

    羽柴観子

    05月07日 08:40

  10. 10

    東京五輪開催是非について口を閉ざすアスリートに疑問

    諌山裕

    05月07日 17:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。