記事
  • ロイター

WHOのコロナワクチン配分枠組みで副作用補償へ、貧困国向け


[ブリュッセル 29日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)が主導する新型コロナウイルス感染症ワクチンの世界的な公平分配を目的とした枠組み「COVAXファシリティー」が、ワクチンの副作用対策として貧困国向けの補償基金を設立する。世界的なワクチン供給を妨げかねないワクチンへの恐怖心を和らげることが狙い。29日に公表された資料で分かった。

対象は低所得の92カ国で、ワクチン投与により感染者に副作用が発生した場合でも対象国の政府は一時的に補償を負わずに済む。

南アフリカ、レバノン、ガボン、イラン、中南米諸国の大半などの中所得国は対象にはならない。

トピックス

ランキング

  1. 1

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  2. 2

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

  3. 3

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  4. 4

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  5. 5

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  6. 6

    検査少ない東京 実際の感染者は

    ktdisk

  7. 7

    ジリ貧の書店 サービス不足原因?

    吉田喜貴

  8. 8

    自民党も評価 公正だった民主党

    非国民通信

  9. 9

    対案出さない野党「追及で十分」

    PRESIDENT Online

  10. 10

    香港民主派の周庭さんら3人収監

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。