記事

「渋谷に行かないで」感染爆発のドイツが教える"3密ハロウィーン"の危険性

2/2

今年は「鬼滅の刃」や「フワちゃん」があふれたはず

さて、そんな若者を中心としたお騒がせなイベントですが、ニッポンのハロウィーンでは、仮装がよく注目を集めます。年末が近づいてくると日本では「今年の流行語」が話題になりますが、“ニッポンのハロウィーン”を見ていると「その年に日本&世界で何がはやったのか」がよく分かるのです。

ピコ太郎のPPAP(Pen Pineapple Apple Pen)がはやった2016年は、ピコ太郎風の金色と黒のコスチュームを着た人をよく見かけました。2017年には2人組の男性を引き連れて「35億」を連呼する「中途半端なブルゾンちえみ」が渋谷にたくさん出没しました。

今年、もしもコロナ禍でなければ、「鬼滅の刃」のコスチュームを着た若者で、渋谷はあふれたでしょう。今年ブレークした「フワちゃん」風の人も見られたのかも……。なんていろいろと妄想してしまいます。

「大人の用意した空間」で思いっきりハメを外すのは難しい

「実際に集まらなくても、仮装はオンラインでやればいい」という声が聞こえてきそうです。実際に冒頭の渋谷区長は#StayVirtualを掲げ、アバターと呼ばれる自分の分身を作って、バーチャル空間での参加を呼び掛けています。区公認のプラットフォーム「バーチャル渋谷」で26日からバーチャルイベント「バーチャル渋谷au 5Gハロウィーンフェス」が開催されています。仮想空間でのオンライン仮装コンテストも開かれているそうです。

ただ、渋谷のハロウィーンが近年「ハメを外せるイベント」だったことを考えると、区の大人たちがオフィシャルに「どうぞ」と用意した仮想空間で若い人が思いっきり楽しめるのでしょうか。個人的には微妙なところだと思います。

2018年のハロウィーン、仮装した人々で込み合う渋谷
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/CHENG FENG CHIANG

自分が若かった時のことを考えると、大人が用意した「はい、どうぞ」的な空間はあまり面白くなく、仲間内で自主的に集まって現場でワイワイやることがやっぱり楽しかったです。そもそも家の中で仮装をしたところで、たとえば親が同じ部屋などにいる場合、あまりはっちゃけることができないような気がします。

ハロウィーンは近年「お行儀よくしなくてよいイベント」だったはずです。もちろん軽トラックを横転させるのは論外ですが、コロナ禍で「お行儀の良いイベント」になりつつあるのは否めません。このご時世なのでそれが仕方ないのは多くの人が理解しているところだとは思いますが……。

中途半端にやるより、数年後に持ち越したほうがいい

日本にはたくさんのお祭りがありますが、今年はねぶた(青森)、祇園祭(京都)、阿波おどり(徳島)をはじめ地域に根差したけんか祭りや奇才など多くがキャンセルになってしまいました。

神輿(みこし)もキャンセルが相次ぎましたが、たとえばバーチャルで神輿を担ぐことを考えると、どうなのでしょう。やっぱり盛り上がりに欠けるのではないでしょうか。「下帯を締め、はっぴ姿に身を包む男衆」から伝わってくる熱気は「現場にいてこそ」だと思います。

そんなことを考えると、ハロウィーンに関しても個人的には今年は禁止とは言わないまでもキャンセルでいいのではないかと思ってしまいます。

日本はかねて「ハレとケ」(「ハレ」は祭りなどの非日常、「ケ」は普段の日常)がキッチリと線引きされており、いってみればハロウィーンだって明らかに「ハレの場」です。

その「ハレの場」を思いっきり楽しむことが許されないこのご時世では「思いっきり騒げないけど、いろいろと抑えながら祝う場を用意しましたよ」という形にするよりも、そのエネルギーを数年後に持ち越したほうが楽しみは増えるのではないか、なんて思います。筆者はハロウィーンの現場にあまり足を運んでこなかったからこんな発想になってしまうのかもしれません。

ドイツの教訓「今年は自宅で過ごそう」

冒頭の通り、ドイツでは悪魔を追い払うはずだったカーニバルがコロナウイルス感染者拡大という悪夢を引き起こしてしまいました。そういったことを考えると、やっぱり自宅から#StayVirtualに頼らざるを得ません。

10月末の深夜に家のPCやスマートフォンの前で「どんちゃん騒ぎ」をしている若者がいたら、今年ばかりは「騒音トラブル」などとクレームを入れず、大目に見てあげてはいかがでしょうか。

----------
サンドラ・ヘフェリン 著述家・コラムニスト
ドイツ・ミュンヘン出身。日本語とドイツ語の両方が母国語。自身が日独ハーフであることから、「ハーフ」にまつわる問題に興味を持ち、「多文化共生」をテーマに執筆活動をしている。ホームページ「ハーフを考えよう!」 著書に『ハーフが美人なんて妄想ですから‼』(中公新書ラクレ)、『体育会系 日本を蝕む病』(光文社新書)など。
----------

(著述家・コラムニスト サンドラ・ヘフェリン)

あわせて読みたい

「ハロウィン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「デルタ株とは違う」医療現場から嘆き 社会制限だけでなく適切な医療体制の構築急げ

    石戸 諭

    01月21日 14:30

  2. 2

    若者よ!やっぱり「FIRE」はやめなさい!

    内藤忍

    01月21日 12:24

  3. 3

    中国製EV導入で高まる日本人の生活丸裸の懸念 - 山崎文明 (情報安全保障研究所首席研究員)

    WEDGE Infinity

    01月21日 13:06

  4. 4

    立民・菅直人元首相、維新を挑発するも、公開討論を持ちかけられると拒否

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    01月22日 09:51

  5. 5

    「数百円なのにおいしくて清潔」そんな食事が気楽にとれる先進国は日本だけという事実

    PRESIDENT Online

    01月21日 11:48

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。