記事
  • ロイター

日本車8社の9月世界生産1.8%増、中国中心にコロナ影響から回復


[東京 29日 ロイター] - 日本車メーカー8社が29日発表した9月の世界生産は8社合計で前年同月比1.8%増の241万5940台だった。新型コロナウイルスの影響を受けていた新車需要が、中国など一部の市場で回復した。米中貿易摩擦の影響、アジア地域の景気低迷などで昨年8月以降、前年割れが続いていたが、14カ月ぶりにプラスに転じた。

メーカー別の世界生産は、トヨタ自動車<7203.T>、ホンダ<7267.T>、SUBARU(スバル)<7270.T>が9月として過去最高だったが、日産自動車<7201.T>が2割減、三菱自動車<7211.T>が4割減となるなど、明暗が浮き彫りになった。

トヨタの世界生産は約12%増の84万1915台で9カ月ぶりに前年を上回り、9月として過去最高を更新した。想定を上回るペースで世界販売が回復。特に中国と米国がけん引した。

ホンダの世界生産も約9.9%増の47万2696台となり、9月として過去最高を記録。国内生産は2.4%増と13カ月ぶりに前年同月を上回った。米国は5.6%増と3カ月連続で前年同月を上回ったほか、中国は約34%伸びて4カ月連続でプラス、9月として過去最高となった。

スバルの世界生産は13%増と3カ月連続でプラス。海外唯一の生産拠点である米国は32.5%増となり、世界生産とともに9月として過去最高だった。国内生産は4.4%増と6カ月ぶりに前年を上回った。

スズキ<7269.T>の世界生産は約19%増と2カ月連続で増加。主力市場のインドが約26%増と2カ月連続でプラスだった。国内生産も約25%増と4カ月連続で増えた。前年は完成検査問題で生産が少なかったことも背景にある。

マツダ<7261.T>の世界生産は1.0%増だった。SUV「CX─30」などの生産が増えた海外が6.7%伸びた。国内は1.7%減だった。小型車「マツダ3」などの生産が落ち込んだ。

ダイハツ工業の世界生産は4.9%減。インドネシアでの落ち込みが続いており、海外生産は約22%減った。一方、国内生産は9.5%増と9月として過去最高だった。登録車の販売が伸び、6カ月ぶりに前年を上回った。

一方、 日産の世界生産は20%減。海外生産が約18%減で、世界・海外ともに昨年10月以降、12カ月連続でマイナスとなった。新型コロナによる需要減でメキシコでの生産が17%減となったほか、米国も新型「ローグ」への生産切り替えで約41%落ち込んだ。国内生産も約32%減と昨年2月以降、20カ月連続で前年を下回った。

三菱自の世界生産は約40%減だった。8月の半減からは回復したが、海外生産が50%ほど落ち込んだほか、国内生産も30%減となった。

(白木真紀)

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  2. 2

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  3. 3

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  4. 4

    堀江氏「桜疑惑は些末な問題」

    ABEMA TIMES

  5. 5

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  6. 6

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  7. 7

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  8. 8

    菅首相の会見「無に等しい内容」

    大串博志

  9. 9

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  10. 10

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。