記事

ハワイ解禁! カリスマコーディネーターに聞く現状

ハワイのカリスマコーディネーター、マキ・コニクソンさん

 新型コロナウィルス感染拡大防止のために、外出自粛が叫ばれるようになって半年、「海外旅行はまだ絶対に無理」と思っている人も多いかもしれない。

【写真】ハワイのよい”気”を感じられるスポット

 しかしそんな中、ハワイ州のデイビッド・イゲ知事は10月27日(現地時間)、「11月6日から、新型コロナウイルス感染症の検査の結果が陰性であれば、日本からの観光客を受け入れ、隔離を免除する」と発表。

 日本を出発する72時間以内に日本国内の21か所の指定医療機関で検査を受け、ハワイ入国時にハワイ州指定の陰性証明書を提示すればハワイ到着後の14日間自己隔離が免除される。

 このニュースを受け、「やっとハワイへ行ける!!」と喜ぶ人も多い今、ハワイ在住のカリスマコーディネーター、マキ・コニクソンさんにハワイの現状を教えてもらった。

 マキさんはハッピーで飾らない人柄が知られ、ハワイを訪れる著名人からはもちろん、ハワイと日本の架け橋として現地の人々からも、絶大な信頼を得ている。10月になってから日本の家族に会うために“里帰り”帰国していて、2週間の自主隔離を終えたばかりだ。

「アメリカ本土では検査の結果が陰性であれば、日本から観光目的の渡航でも自主隔離なしの州もありました。でもハワイとグアム、アラスカだけは14日間の自主隔離が必須だったのです。だから、今回の解除はとてもうれしいニュースです」

「ハワイの人たちは改めて大好きな日本人観光客のありがたさを感じています。今回の“陰性ならハワイ州に来ても隔離制限なし”の発表は、ハワイの人々にとっても大きな喜びで、日本からの観光客が戻って来てくれたら、みんな嬉しくて泣いちゃうと思います」

 コロナ禍中、ホノルルはゴーストタウンと化していたという。

「ホノルルがあるオアフ島は、3月末から6月1日までロックダウンしていました。お店やレストランを経営していた多くの日本人が4月には帰国の準備を始めました。6月には日本に帰国する臨時便が出て、ハワイで働いていた多くの日本人が帰ってしまったんです。

 なんとか頑張っていたお店も、もう『先が見えないから』と泣く泣く閉めて、9月になってまた『マキさん、長い間お世話になりました』って日本に帰っていく人たちが増えて……。ものすごく残念で悲しかったです」

 ロックダウン中は公園やビーチも立ち入り禁止になって、違反すれば5000ドルという高額な罰金。お店もクローズで人通りは少なく、営業しているホテルも数軒だった。

「私が帰国する直前の10月上旬までは、アメリカ人向けに開いているレストランやお店も営業時間を短縮していましたが、これから日本人が観光に来てくれるなら、ホテルやお店もすぐに再開の準備を始めますよ。きっとまたハワイに活気が戻ってくる日は近いでしょう」

「10月上旬、日本からハワイに来た友人の話では、日本からハワイへの臨時便には27人が乗っていて、ハワイにコンドミニアムを持っている老夫婦やハワイに住む家族に会いに行く女性だったそうです」

 ハワイに着いた時の入国審査は、入国者が少ないこともあって、かつてないほど時間をかけてじっくり調べられたという。荷物は全て開けて確認され、滞在先やESTAで入国するのに就労はしないかという確認、いくら持っているかについても質問されたそう。

 マキさんが今回、日本からハワイに帰る時は、サンフランシスコ経由だったが、サンフランシスコ空港での検査は、『Abbott ID NOW』という機器を使用しており、機械に息を吹きかけると、陽性なら約5分、陰性なら約13分で検査結果が出るという。

「空港で検査を受けるためにも事前にアポが必要だそうです。状況は刻々と変わるので、政府や州の発表を日々チェックして航空会社にも何度も電話して確認しておくことも大切ですね」

 外出制限など徹底した感染予防対策で一時は感染者0までになったハワイ。感染者が増えればまた振り出しに戻ってしまうので街でも引き続き慎重な行動がとられている。

 営業しているレストランも席数50%の稼働で、ホテルや店舗も消毒と除菌を徹底。現時点で、ネイルサロンはOKだが、マッサージやまつげエクステのサロンはまだオープンしていない。

「この半年間、ハワイでも朝令暮改のようにルールが変わり混乱してしまうこともありました。でも皆、じっと我慢をして解除宣言を待っていました。こういった状況だからこそ、見えてくる大切なことっていうのもあるんですよね。

 ハワイに家族と住んでいる梨花はものすごくまじめ。それまでは毎日のように会っていたけど、ロックダウンになってからは『早く会える日が来るように待とうね』ってルールをしっかり守って、ずっと家に籠もって過ごしていました。こんなふうにきちんと向き合える友達はやっぱりこれからも大切にしたいって改めて思いました」

 次回はハワイから日本に帰国する時にはどのような手順で入国するのか、一時帰国中のマキさんが、日本に向かう機内と成田空港での検査、入国審査の様子をレポート。

 そこにはマスク着用拒否で離陸前の飛行機から降ろされたアメリカ人女性、成田空港でそのままアメリカへ戻されてしまった老婦人など、多くのドラマがあった──。

【プロフィール】マキ・コニクソン/ハワイに20年以上在住し、テレビや雑誌のロケーションのコーディネートを通じハワイと日本の架け橋として、ハワイの魅力を伝え続けている。日焼けスヌーピーで人気の『MONI HONOLULU』のショップディレクターほかブランドや店舗のプロデュースも行う。コロナ禍中に通販サイト『Alohappy by Maki Konikson』をオープン。セレブリティとの交友関係も広く、難病と闘う子供たちの夢の実現をサポートする『Make-A-Wish Hawaii』のチャリティ活動など、多岐にわたって活動中。

あわせて読みたい

「海外旅行」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    本厚木が1位 住みたい街は本当か

    中川寛子

  2. 2

    桜問題で安倍前首相に再び窮地

    ヒロ

  3. 3

    安倍氏に弁護士「虚構だった?」

    郷原信郎

  4. 4

    バイキングで疑惑報道の社長怒り

    SmartFLASH

  5. 5

    安倍前首相の疑惑「詰んでいる」

    ABEMA TIMES

  6. 6

    小林麻耶 実母が海老蔵宅に避難?

    SmartFLASH

  7. 7

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  9. 9

    GoToは75歳の年齢制限を設けよ

    永江一石

  10. 10

    集団免疫 日本が目指すのは無謀

    ニッセイ基礎研究所

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。