記事
  • SmartFLASH
  • 2020年10月30日 16:30 (配信日時 10月29日 16:00)

明石家さんまの「一晩で300万円」豪快おごり秘話に絶賛の声

 中尾明慶が、10月26日配信の自身のYouTubeチャンネル『中尾明慶のきつねさーん』の動画『ウーバーイーツで1番高いもの注文して爆食いっす』で明石家さんまとのエピソードを語った。

 中尾がさんまの舞台に出演した際、稽古最終日に叙々苑のなかでも一番高額な焼肉弁当を関係者全員に差し入れてくれた。さらに、打ち上げとして関係者を引き連れ、叙々苑グループの高級店・游玄亭に招待してくれたという。

 中尾は「100人ぐらいはいるでしょ? マネージャーとか含めたら。俺、いつも行くたびに『一人いくらなんだろうな』って心配して、人数を数えて、『さんまさんマジか!? 一晩で300万円超えじゃね』って思っちゃう」とさんまの豪快さを明かした。

 打ち上げは2軒めに行くこともあるが、「何がカッコいいって、(長引くと)みんな予定とかあったら断りにくくなるじゃん。さんまさんは2時間ぐらいで会計を済ませ、『お疲れさん!』って帰っていく」と話した。中尾は「カッコいいよね! 尊敬する」とさんまのスマートな振る舞いを讃えた。

 中尾が明かしたさんまの秘話に、SNSやYouTubeのコメント欄に絶賛の声が寄せられた。

《さんまさんカッコいい。この気配りは素敵すぎます》
《一般人からしたらさんまさんのかっこいー芸能界裏話きけただけでアリ動画です♪》
《さんまさんの裏トークに男飯で贅沢は最高ですね》

「さんまさんが足しげく通う游玄亭には、さんまさん専用の刺繍の入ったエプロン、ナプキン、専用のグラスなどが置いてあるんです。会計はもちろん、さんまさん持ちです。

 また、さんまさんはお年玉の渡し方も豪快。スタッフ全員に渡すんですが、子供がいるスタッフにはその子供のぶんまで渡しています」(芸能ライター)

 お笑い怪獣ならではのリッチさを誇るさんま。日頃の気遣いがあるからこそ、仕事が途絶えないのだ。

あわせて読みたい

「明石家さんま」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。