記事
  • ロイター

シノペック、第3四半期は過去最高益 精製マージン上昇や資産分離で


[北京/シンガポール 29日 ロイター] - 中国石油化工(シノペック)<600028.SS><0386.HK>が発表した第3・四半期決算は、精製マージンの上昇やパイプライン資産の分離に伴う利益が寄与し、四半期として過去最高益を記録した。

第3・四半期の純利益は463億9000万元(69億2000万ドル)と、前年同期から約4倍に増加。四半期の利益としては、リフィニティブ・エイコンのデータで遡れる2003年以降で最高となった。今年上半期は純損益が赤字となっていた。

第3・四半期は、中国南部の製油所で稼働を開始したことを受け、製油所の原油処理量が前年比約2%増の6350万トン(日量504万バレル)となった。

精製マージンは1バレル当たり9.80ドルと、前年比68%上昇した。

新設されたエネルギーインフラ会社「中国石油天然気管網集団」への石油・ガスパイプライン資産移管に伴う収入も、利益を308億元押し上げた。

中国会計基準による今年1─9月の純利益は、前年比45.7%減の235億1000万元。売上高は30.4%減の1兆5500億元。

1─9月の原油生産量は前年比1%減の2億1065万バレル、天然ガス生産量は0.2%減の7721億4000万立方フィートだった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  3. 3

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  6. 6

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  7. 7

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  8. 8

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  9. 9

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

  10. 10

    マスク拒否めぐる米の悲惨な歴史

    ビッグイシュー・オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。