記事
  • ロイター

米エクソンモービル、第4四半期配当を前期と同水準に


[ヒューストン 28日 ロイター] - 米石油大手エクソン・モービル<XOM.N>は28日、第4・四半期の配当額が前期と同水準の1株当たり0.87ドルになると発表した。

高配当で知られるエクソンだが、2020年は1982年以降で初めて配当を引き上げなかった年となる可能性がある。

同社は、エネルギー価格の大幅下落や新型コロナウイルス感染拡大を受けた需要低迷の影響を受けている。

今年に入り、大規模なコストおよび人員削減を行うと明らかにしており、30日にも発表されるとみられる。コスト削減により高配当の維持が可能と判断している可能性がある。

1株当たり3.48ドルで計算するとエクソンの配当利回りは10.6%でかなり高水準。

同社は今年初めての2四半期連続の赤字を計上した。リフィニティブデータによると、資産売却や評価損を除いたベースで通年収益は20億ドルの赤字になる見通し。30日には第3・四半期決算を発表する。

レイモンド・ジェームズのアナリスト、Pavel Molchanov氏は、追加借り入れなしにエクソンが配当を維持するのは難しいとし、米原油価格が1バレル=45ドル近辺で推移しても、配当により2021年末までにキャッシュバランスは枯渇するとの見方を示した。

BP<BP.L>、エクイノール<EQNR.OL>、およびロイヤル・ダッチ・シェル<RDSa.L>は今年に入り配当を少なくとも50%引き下げている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  3. 3

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  4. 4

    松本人志のGoTo巡る案に賛同続々

    女性自身

  5. 5

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  6. 6

    みんなで隠蔽した近藤真彦の不倫

    渡邉裕二

  7. 7

    宮迫&中田&手越共演で「TV崩壊」

    かさこ

  8. 8

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  9. 9

    政府の問題先送り まるで戦時中

    猪野 亨

  10. 10

    欧州の学者 日本と差は「民度」

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。