記事

「監修費は数十万円」それでも有名店がコンビニでコラボ麺を出しつづけるワケ

1/2

コンビニ本社のバイヤーが、監修を依頼する店を決定

このところコンビニで、有名ラーメン店が監修した「チルド麺」の展開が活発だ。チルド麺とは、器入りの冷蔵状態で販売され、そのまま具やスープを合わせる、あるいはレンジで温めて食べる麺のこと。

現在、セブン-イレブンでは「札幌すみれ」「中華蕎麦とみ田」「一風堂」など、そしてローソンでは「坂内食堂」「博多一幸舎」「麺屋彩未」が監修したチルド麺を販売している。それぞれのチェーンの本社広報によれば、セブン-イレブンは2007~2008年ごろから、ローソンは2006年ごろからこうした企画商品を全国規模で販売し始めたという。

ローソンの「坂内食堂監修 喜多方ラーメン」。
ローソンの「坂内食堂監修 喜多方ラーメン」。(画像=ローソン公式サイトより)

ではコンビニと有名ラーメン店とのコラボレーションは、どのような経緯で実現し、商品化に至るのだろうか。「ラーメンデータバンク」の創業者で現会長の大崎裕史氏が解説する。

「まずコンビニ本社のバイヤーが、監修を依頼する店を決定します。店選びに当たっては本社側が独自にピックアップする場合と、業界に精通したラーメン評論家などからアドバイスを仰ぐ場合がありますね」

限られた原価のなかで「再現できる味か」が重要

白羽の矢が立つのは、高い評価を得ていてネームバリューがあることはもちろん、さらにいくつかの条件をクリアした店だ。

「瞬間的な人気ではなく、安定してにぎわっている店であることは大事です。コラボ商品がコンビニに並んだ頃、監修した店がなくなっているようでは話になりませんから。そして提供しているラーメンが、すでにコンビニ側にラインアップされている商品との違いがわかりやすい、特徴的な味であるかどうか。さらにはチルド麺として商品化した際、オリジナルに近く再現できる味なのかどうかも重要です」(大崎氏)

いざ店が決まると、バイヤーが対象店の主人と何度も話し合いを行う。

「インスタントカップ麺でのコラボの場合もそうですが、チルド麺も最初からおおよその販売価格が決まっているので、材料にかけられる原価には限界があります。だから『商品化された際、お店の味そのものというわけにはいきませんがよろしいですか』と最初の段階で店主に伝え、承諾してもらった上で面談を進めます」(大崎氏)

ただ中には、それをよしとしない店主もいる。

「こだわりが強い主人だと、いつまでたっても完成品にOKが出なかったりします。そうなると開発経費がかさむし、販売スケジュールも狂ってしまう。バイヤーは経験が豊富ですから、店主へのオファーの初期段階で一緒に組める相手かどうかを見極めます。ですからお互いに折り合えず、結局物別れに終わるケースもあるそうです」(大崎氏)

あわせて読みたい

「コンビニ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。