記事
  • ロイター

ペトロブラス、第3四半期は予想外の赤字 特別費用の計上響く


[リオデジャネイロ 28日 ロイター] - ブラジルの国営石油会社ペトロブラス<PETR4.SA>の第3・四半期決算は、燃料・石油収入の回復を背景に営業利益が増加したものの、多額の特別費用を計上したことから予想外の赤字となった。

証券取引所への提出文書によると、純損益は15億4600万レアル(2億7500万ドル)の赤字。特別項目調整後の利払い・税・償却前利益(EBITDA)は334億レアルで、リフィニティブがまとめた市場予想(297億レアル)を上回った。

特別項目には、税金を巡る2州の政府との係争の和解金19億レアルや、大規模な債券買い戻し計画が含まれる。また、レアルの対ドル相場下落が一部損失の拡大につながったという。

同社は、特別項目を除くベースでは純利益は32億レアルになっていたとしている。これはリフィニティブの市場予想7億3600万レアルを大幅に上回る水準。

第3・四半期は、ガソリンやディーゼル燃料の販売が大きく伸びるなどプラスの要因もあった。純売上高は707億レアルで、前期比39%増加した。

同社は「ディーゼルとガソリンの販売回復は際立っている。これらの製品は第2・四半期に新型コロナウイルスの影響をかなり受けた。回復は販売量と価格面の双方で、われわれのポートフォリオの中で最も強かった」とした。

トピックス

ランキング

  1. 1

    音喜多氏がみた辻元議員のズルさ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  3. 3

    フォロワー160万人 AV女優の戦略

    NEWSポストセブン

  4. 4

    「大阪に比べ東京は…」医師指摘

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    岩田健太郎医師のGoTo批判に疑問

    かさこ

  6. 6

    日本モデルに再現性ない 報告書

    文春オンライン

  7. 7

    コロナ宿泊療養施設の処遇に呆れ

    猪野 亨

  8. 8

    ヌード講座判決 賠償命令の背景

    町村泰貴

  9. 9

    コロナ終息後に旅行業界は混乱か

    後藤文俊

  10. 10

    新ドラえもん映画の引き延ばし感

    fujipon

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。