記事
  • ロイター

米エクソンモービル、第4四半期配当を前期と同水準に

[ヒューストン 28日 ロイター] - 米石油大手エクソン・モービル<XOM.N>は28日、第4・四半期の配当額が前期と同水準の1株当たり0.87ドルになると発表した。

高配当で知られるエクソンだが、2020年は1982年以降で初めて配当を引き上げなかった年となる可能性がある。

今年に入りエクソンは大規模なコストおよび人員削減を行うと明らかにしており、30日にも発表されるとみられる。同社はコスト削減により高配当の維持が可能と判断している可能性がある。

1株当たり3.48ドルで計算するとエクソンの配当利回りは10.6%でかなり高水準。

同社は今年初めての2四半期連続の赤字を計上した。リフィニティブデータによると、資産売却や評価損を除いたベースで通年収益は20億ドルの赤字になる見通し。30日には第3・四半期決算を発表する。

トピックス

ランキング

  1. 1

    音喜多氏がみた辻元議員のズルさ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  3. 3

    フォロワー160万人 AV女優の戦略

    NEWSポストセブン

  4. 4

    「大阪に比べ東京は…」医師指摘

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    岩田健太郎医師のGoTo批判に疑問

    かさこ

  6. 6

    日本モデルに再現性ない 報告書

    文春オンライン

  7. 7

    コロナ宿泊療養施設の処遇に呆れ

    猪野 亨

  8. 8

    ヌード講座判決 賠償命令の背景

    町村泰貴

  9. 9

    コロナ終息後に旅行業界は混乱か

    後藤文俊

  10. 10

    新ドラえもん映画の引き延ばし感

    fujipon

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。